1. "派手な女"と"地味"な女 <運命編>

斎藤薫の美容自身2

2015.04.23

"派手な女"と"地味"な女 <運命編>

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

"女の派手"は、ただの自己顕示欲じゃなく、求愛行動。 だから取扱い注意なのだ。

“派手手な女”と“地味な女”……単に服の好みの違いじゃない。そこにはとてつもなく大きな隔たりがある。“貴族の出”と“平民の子”みたいに、女の運命を分けるものなど今は何もないのに、女たちは自らを二分した。“派手な女”と“地味な女”に……。

考えてみてほしい。いつもヘビーなフルメイクと黄色い茶髪にこだわり、露出度の高い派手な服しか着ない“エロかわ”な匂いのする女と、いつもほとんどスッピンに近いようなナチュラルメイクで、髪も服も徹底したナチュラル志向、いわゆる“ロハス”な匂いのする女。2人とも今の日本女性の典型的なタイプなれども、同じ国の同じ時代を生きているようには思えないほど正反対。しかも本来“見た目”の違いにすぎないはずなのに、結果として人生の方向までまったく違ってしまうのだから、それはブスか美人か以上に強烈に女の人生に関わってくるということなのである。

しかも女はみんな、やがてそういう運命が待ち受けているのを頭のどこかで知りながら、“派手な女”は派手な服ばかりを買うようになっていく。つまり派手な女は、“派手な服”以前に、“派手な女”の人生そのものを選んでいるのだ。じゃあその“派手な女”を選ばせる動機とは一体何なのか?と言えば、それはやはり“男”である。単なる自己顕示欲じゃない。無意識にでも男たちに自分の存在をアピールしたいから、“女であること”をより強調する、それが“派手”のメカニズム。