連載 齋藤薫の美容自身stage2

“派手な女”と”地味な女” <マインド編>

公開日:2015.04.23

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

一見派手でも心は地味。そういうギャップが妙な好感を呼ぶ。

以前ある“人気女優”が、仕事場に電車で通っているとして話題になったことがある。そこにみんな理屈抜きに好感を持ったからである。チャリティ活動を熱心にやっていますみたいな話が聞こえてくるよりも、よっぽどその女優はイメージ的に“得”をしたはずだ。でもそういうふうに、、電車で通う有名芸能人”に人々が手放しの好感を持つのはなぜなのか? “性格の地味”があるからである。性格の“地味派手”……それはひょっとすると、見た目の“地味派手”よりも、人からの評価を大きく変えてしまうかもしれないという話をしよう。ともかく“電車通勤の芸能人”に大拍手を送るように、人は言うまでもなく“地味な性格”が好きである。

でもなぜ?性格が地味だ派手だというのは、考えてみれば妙な表現だけれども、それはけっこう深い意味を孕んでいる。単に行動が地味、行動が派手というだけではない。地味な人は、謙虚ではあるが、かと言って“偽善的”ではない、それはわずかもこれ見よがしの謙虚さではないのだ。むしろとても普通であることが、“性格の地味”の何よりの特徴。

ただしここで、見てくれも存在も見るからに普通で地味な人が、いくら通勤で電車を使い続けても、別に誰も誉めてはくれない。あくまでも当然派手をしてもいい人が、地味な行動をとる、そのギャップこそが拍手に価すると言っていいわけだ。だから人は、内面で目立った評価を得るためには、まず何らかの“誉められるようなこと”を成し遂げなければならない。良い評価で周囲の注目を浴びておかなければならない。その上で、当然許される“目立つ行動”にも出ない。目立つべきなのに、目立たないようにひっそりしている……それが“地味”の魅力をもたらすのである。やっぱり“乗り物話”になるけれど、たとえば一時的に売れたけど、“今は少々落ちめ”……の芸能人がいたとして、もしその人が無理をして飛行機のファーストクラスに乗っているとしたらどうだろう。ファーストクラスに乗っているどの乗客よりも派手に見えるかもしれない。

つまりは“自分を実際のサイズより大きく見せようとする人”が派手に見え、“自分を実際のサイズよりもむしろ小さく見せようとする人”が地味に見える、そういうことなのだ。そしてまた、一見“派手な女”が、とても家庭的でお料理が上手だったり、お掃除が好きだったりするだけでも、“あの人案外、地味なんだ”と、世間は必要以上に好感を持ったりしてしまう。逆に見た目が地味な人が家のことを何もできなかったりすると、やっぱりかなりの違和感があるから好感度が下がったりする。

一方でこんなこともあるのだろう。たとえば、お金持ちでイケメンで、だからモテモテで、みたいな男が、モデルでも女優でもなく、お仕事もお家も容姿もごくごく普通みたいな女性と結婚すると、その“地味な選択”が大いに拍手を浴びる。もちろん女も同様で、ヒルズ族などを当然狙ってもかまわない女子アナなどが、学生時代から付き合っていた普通のサラリーマンなどと結婚すると、「彼女は意外に地味な性格だったんだねェ。私たち誤解してた」なんて、みんな変な見直し方をしたりする。派手な存在が“地味な恋”をすると、世間にはそれだけで感心されてしまうのである。

ここにも逆のケースが成立し、まったく目立たなかった女が大富豪と結婚したりすると、反発はわりに少なく、むしろ見直されたりするのは“努力”が忍ばれるからか。美人女子アナが大富豪に嫁げば、世間はたちまち反発するのに……。

結局のところ、人はすでに作られているイメージと逆のことをしでかして、そのイメージを裏切った時に大きな評価を得るということ。ここでもまた、地味と派手のコントロールが人を幸せに導くのだという、ひとつの法則が浮かびあがってくる。外見でも地味と派手を操れてこそ、女は幸せになれると言ったけれど、結婚相手と“乗り物”での意外な選択でも、自らのイメージを逆転させられることがわかってきた。だから、一見派手でも心は地味……そのバランスがいちばんの狙いめ。自分自身が地味と派手の両方を備えて、自分の中でバランスをとっておくこと。それが総合的な魅力につながること、覚えておいてほしい。

でもなぜ結婚相手と乗り物なの?これはどちらも、自分を大きく見せかける道具としては最適なものだからだろう。そして、玉の輿結婚も、ファーストクラスも、自分にいちばんラクをさせてくれる“乗り物”だ。人間、“ラクちん”を望むとそれだけで評価が下がるっていうことか。結局のところ、人は他人の“ラクちん”があまり好きじゃない。自分よりずっとラクをしている人を好きじゃない。

そうも言えるけど、人間はそれ以前に、それ相応の“苦労をし続けている姿”が理屈抜きに好きなのだ。結局人間って、私たちが思っているよりずっとマジメなんだと思う。地味を理屈抜きに“良し”とする生き物なんだと思う。だから外見でも内面でもいい、どこかにいつも“地味”を宿らせておくことが何より大事。結局のところ、地味は何の批判も浴びないが、派手は派手というだけで批判を浴びる、そういう宿命なのだということ、それだけは覚えていてほしい。

彼らはなぜ揃って宗教に熱中しているのか?

天下のトム・クルーズが、大きな映画会社に契約を解除されてしまった。どうも“新興宗教に傾倒しすぎ”が原因であるらしい。ふと思い出したのは、リチャード・ギアがチベット仏教にハマっていること。これも相当に入れ込んでいて、マイクを手にするとすぐその話になってしまうことから、ハリウッドでは以前から少々問題視されているが、今は世間もさすがに慣れてきた。しかし今回のトム・クルーズの件を併せて考えるなら、どちらもハリウッドのトップスター、人気・実力もさることながら、ビジュアルでも一世を風靡、天下を取った2人と言っていい。まあ“派手”と言ったらこんなに派手な存在はないわけだ。

そんな2人が揃って宗教に走ったのを見て、何か感じないか?宗教に熱中するというのは、人間の行動の中ではある意味いちばん地味なこと。もちろん教祖になるのは“もっとも派手”なことなのかもしれないが、既存の宗教を熱心に信仰するほどストイックなことはない。何でも手に入り何でも思い通りになり、巨万の富を築くと“クルーザーで世界一周”みたいな贅沢とは、まったく逆の、人間にとってもっとも地味なことをしたくなるということか。人間はいつの間にか、派手と地味のバランスをとっている。カンのいい人間ほど。だからこの2人が派手さを抑えるためには、もう宗教しかなかったのじゃないか?なんて……。

Edited by 齋藤 薫

公開日:2015.04.23

Serial Stories

連載・シリーズ