1. "派手な女"と"地味な女" <マインド編>

斎藤薫の美容自身2

2015.04.23

"派手な女"と"地味な女" <マインド編>

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

一見派手でも心は地味。そういうギャップが妙な好感を呼ぶ。

以前ある“人気女優”が、仕事場に電車で通っているとして話題になったことがある。そこにみんな理屈抜きに好感を持ったからである。チャリティ活動を熱心にやっていますみたいな話が聞こえてくるよりも、よっぽどその女優はイメージ的に“得”をしたはずだ。でもそういうふうに、、電車で通う有名芸能人”に人々が手放しの好感を持つのはなぜなのか? “性格の地味”があるからである。性格の“地味派手”……それはひょっとすると、見た目の“地味派手”よりも、人からの評価を大きく変えてしまうかもしれないという話をしよう。ともかく“電車通勤の芸能人”に大拍手を送るように、人は言うまでもなく“地味な性格”が好きである。

でもなぜ?性格が地味だ派手だというのは、考えてみれば妙な表現だけれども、それはけっこう深い意味を孕んでいる。単に行動が地味、行動が派手というだけではない。地味な人は、謙虚ではあるが、かと言って“偽善的”ではない、それはわずかもこれ見よがしの謙虚さではないのだ。むしろとても普通であることが、“性格の地味”の何よりの特徴。

ただしここで、見てくれも存在も見るからに普通で地味な人が、いくら通勤で電車を使い続けても、別に誰も誉めてはくれない。あくまでも当然派手をしてもいい人が、地味な行動をとる、そのギャップこそが拍手に価すると言っていいわけだ。だから人は、内面で目立った評価を得るためには、まず何らかの“誉められるようなこと”を成し遂げなければならない。良い評価で周囲の注目を浴びておかなければならない。その上で、当然許される“目立つ行動”にも出ない。目立つべきなのに、目立たないようにひっそりしている……それが“地味”の魅力をもたらすのである。やっぱり“乗り物話”になるけれど、たとえば一時的に売れたけど、“今は少々落ちめ”……の芸能人がいたとして、もしその人が無理をして飛行機のファーストクラスに乗っているとしたらどうだろう。ファーストクラスに乗っているどの乗客よりも派手に見えるかもしれない。