1. 恋をしないと減っていくもの

斎藤薫の美容自身2

2015.04.23

恋をしないと減っていくもの

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

恋をしないと減っていくもの

恋愛は、女を"夜叉"にもすれば、"聖女"にもする。 でもそれが人格を成熟させる。

最近のアンケートで、その結果にちょっと驚いたのが、18歳から34歳までの男女に聞いた「恋人はいますか?」への回答。女性では“恋人がいる人”32%、男性に至っては24%という数字だったのだ。10年ほど前に見た同じようなアンケートの結果は、確か“恋人がいる人”が60%台。10年で“恋をする男女”が半減してしまったということになる。でもなぜ?たぶんそのほうがラクだからである。恋人がいるってある意味、面倒くさいからである。

口では「恋人が欲しい」と言いながら、もうしばらくいいやと思っている。だんだん腰が重くなる。知らず知らず心地よくなってしまう。それは、ちょっとぬるめのお湯みたいで、いくらでも長くつかっていられるのだ。もちろん恋愛するもしないも、本人の勝手……ではあるけれど、ここらで一応、“恋愛しないとどうなるか?”そこだけは確認しておきたい気がするのだ。まず恋愛は“細胞”でするもの、である。だって寝て起きて、ごはんを3回食べてという日常のしくみには大きな違いがないのに、恋愛しはじめるとまるで別人の人生を生きているみたいに感じる。それは細胞がハシャぐから、に他ならない。恋愛しはじめの時って、明らかに体がふわふわしていて、それは恋愛しないとまず得られない感覚だ。