1. 働かないと減っていくもの

斎藤薫の美容自身2

2015.04.23

働かないと減っていくもの

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

働かないと減っていくもの

働かないと、フェロモンが減っていく。"有能"もまた色気なり

今どき“家事手伝い”を誇りにしている人は少数派だろうが、’80年代~’90年代はかなりの数存在した。“家事手伝い”、通称カジテツは、おうちがお金持ちの証。社会の荒波にもまれないぶんだけ“お嬢さま度”が高まるという計算。もちろん当時“キャリアウーマン”なんて言葉で働く女も同時にもてはやされたが、カジテツはカジテツで強いプライドを持っていた。女の子は社会に出てもロクなことはないという価値観がまだ厳然と生きていたのだろう。ところが今そういう意味でなく、仕事を持っていながら働かなくてもいいやと思う人がまた増えている。“専業主婦志向”を持つ人もまた増えている。

そしてこれまた、本人の勝手。でも今、“働かない”と、あるいはまた“働く意欲がない”と、増えていかないものがとても多い時代。意外なものが減っていく時代であることだけは知っておいてほしいのだ。たとえば“フェロモン”……。女は、がしがし働くほどにフェロモンは減っていく……それが、今までの揺るがぬ常識だった。実際に男並みに仕事すると“ヒゲが濃くなる”、“声が太くなる”といった噂は働く女性たちの間で日常的に交わされていた。もちろん男性ホルモンが勝手に増えていくからだが、女は必死で働いている時、本当に自分が男になった錯覚にとらわれるのだから、それも無理はない。でもそういう時ほど、フェロモンを発しているとしたらどうだろう。