ブランドスペシャル

楢崎裕美さん&遠藤編集長が語る!ベストコスメ最優秀賞「ポーラ B.A ローション」の魅力

2020.12.25

佐藤水梨(進行)、楢崎裕美さん、遠藤編集長

12/15のVOCEインスタライブでは、美容ライターの楢崎裕美さんをお迎えし「ベストコスメでハリ肌レッスン」というテーマでお届けしました。2020年下半期のベストコスメで“最優秀賞”を獲得した「B.A ローション」の魅力とは?

佐藤水梨(進行)、楢崎裕美さん、遠藤編集長

12/15のVOCEインスタライブでは、美容ライターの楢崎裕美さんをお迎えし「ベストコスメでハリ肌レッスン」というテーマでお届けしました。2020年下半期のベストコスメで“最優秀賞”を獲得した「B.A ローション」の魅力とは?

インスタライブで紹介したのはベストコスメで“最優秀賞”を獲得した「ポーラ B.A ローション」!

ポーラ B.A ローション 120㎖ ¥22000、60㎖ ¥12100

ポーラ B.A ローション 120㎖ ¥22000、60㎖ ¥12100

2020年下半期のベストコスメ・スキンケア部門において最優秀賞を獲得。化粧水部門でも圧倒的な高得点で1位に。今期、美容のプロがもっとも注目するスキンケア製品。

美容ライター楢崎裕美さんとVOCE編集長・遠藤が「ポーラ B.A ローション」の魅力を語りつくす!

佐藤水梨(進行)、楢崎裕美さん、遠藤編集長

左から
佐藤水梨(進行)、楢崎裕美さん、遠藤編集長

佐藤:「ポーラ B.A ローション」の受賞についてコメントをお願いします!

遠藤:今期はスキンケア部門が本当に熱く、名品の大型リニューアルが相次いでいたなかで、最優秀に輝くのがどのコスメかっていうのが事前に予想もつかず接戦になるかなと思っていたのですが、ダントツでこの「ポーラ B.A ローション」が1位をさらっていったという感じでした。化粧水部門では2位に100点以上差を付けて堂々たる1位だったのですが、遺伝子研究の最先端というのを盛り込んで、本気の遺伝子ケアを私たちの手元に届けてくれ、お肌の未来に希望を感じられる力強さというのがあったのかなと思います

楢崎:B.Aは皆さんにとっても憧れのブランドで、2009年に糖化に着目をしてクリームを出した所からVOCEのベスコス受賞歴が始まったんですけれども、糖化とかバーシカンとか、ちょっとマニアックで美容業界では毎回驚きがある発表をされていました。積み重ねていってどんどん進化しているっていうのがポーラB.Aの凄さ。今回の「ポーラ B.A ローション」は、実は美しくなる可能性が98%が眠っていて、その未知の領域に着目してバージョンアップ、パワーアップしている所が今回の魅力です。肌の運命を変えてくれるという前向きにしてくれるようなところがすごい魅力かなと思います。

佐藤:テクスチャーはいかがですか?

楢崎:とろみがあるテクスチャー。上滑りせず入っていく感じがして、1回の量でも肌がみっちりしていく感じ。角層のイオンバランスを整えるというところに着目していて、すぐふっくらとしたハリとか弾力を感じられるのがすごい。

遠藤:即時実感がすごい。使ってすぐハリを感じたりとか、私の場合は使って3日間ぐらいで肌に透明感が。効果実感がすごく早かったのですが、そういう設計だからなんですね。あと、香りもすごく好きです。夜とか結構ボロボロになって自分のケアをしてますが(笑)、やる気にさせてくれるし深呼吸したくなるような香り。自分を大事にしてあげられているなという実感が持てるテクスチャーと香りだなって思います。

佐藤:こちらのローション以外にクレンジングクリーム、ウォッシュ、ミルクとクリームがありますが、お二人はラインで使ってみていかがですか。

楢崎:幸せです(笑)。クレンジングクリームがすごくなめらかで心地よいんです。洗顔料の泡も密着力があって、モチっとして綺麗に洗い上がる。そして、一番好きなのがミルク。実はもともとオイリー肌なのもあって乳液が苦手だったりするんですけど、本当に気持ち良いので自ら積極的につけたくなります。

遠藤:湯船につかりながら、ボトルをラインで並べてずーっと入れています(笑)。お風呂でふわーってお花畑みたいな香りが漂うんですよ。このB.Aってちょっと高いかな、まだ、早いかなって思う方も多いかもしれませんが、ローション1本あたり、約100日間、朝晩使える量が入っているんですよね。費用対効果を考えてもアラサーの方にとてもオススメできるなと思いました。

ポーラ B.A ローションについてもっと詳しく知りたい方はこちらをチェック!

提供/ポーラ
https://www.pola.co.jp/

取材・文/鏡裕子

Edited by VOCE編集部