1. 今、クラス会で光る女、くすむ女

斎藤薫の美容自身2

2015.04.23

今、クラス会で光る女、くすむ女

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

今、クラス会で光る女、くすむ女

クラス会では、"幸せのふり"も良識のうち。そしてモテるのも良識ある女。

「いい男がいない」が口グセになっている人は、卒業アルバムを見直すといい。人生には、好調な時期と不調な時期があるけれど、自分が絶好調な時は周りにも“いい男”がいっぱいいたはずなのに、不調な時はやっぱり男にも恵まれない。裏を返せば“周りにいい男がいない時”って、むしろ自分自身がパッとしなかったりするもの。そういういい男を吸い寄せない自分の責任だったりするものなのだ。

というわけで、ひとまず自分がいちばんキラキラしていた時代を見直すため、当時のクラス会などをいっそ自らアレンジしてみるのはどうだろう。さてクラス会での評価は、昔の自分のイメージと今の自分が比較され、その相対評価として下されることが多い。つまり昔は可愛かったのに、今は“普通”になってたら、必要以上にガッカリされてしまうということ。逆に昔はまるでパッとしなかった女が、見違えていたら、必要以上に注目を浴びるだろう、ということ。

とは言え、昔何らかの理由で“嫌われていたタイプ”は、いくらキレイに見違えようと正当な評価を受けないのも、またクラス会の特殊事情。逆にクラスのマドンナだった女性はたとえば30年後、すっかり歳をとっても、異性の目には昔の好感度がダブッてくるから、見た目よりも多少麗しく見えることもあるわけで、そこが何とも複雑。つまり昔の評価がダブッて見えてくる部分もあって、だからクラス会にのぞむ女は難しいのである。昔のイメージに助けられることもあれば、足を引っ張られることもある。まさに因果応報。女の運命のつくられ方は単純なものじゃないのである。