1. 3つの初対面で光る女、くすむ女

斎藤薫の美容自身2

2015.04.23

3つの初対面で光る女、くすむ女

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

3つの初対面で光る女、くすむ女

男も女も世間も 相手の"清潔"を評価する。みんな気づいていないけれど。

初対面の評価はひとつじゃない。大人の女の初対面には、大きく“3つの場合”がある。異性の評価と、同性の評価、そして世間一般の評価である。で、面倒なことに、3つが一致することはむしろ稀で、多くの人には、バラバラに3つの評価が下ることになる。たとえばだけれど、いわゆる“女子アナ”のように、一応日本の中でもズバ抜けて優れた女たちさえ、微妙に異なる3つの評価に翻弄されることになる。男の評価の高い女子アナも、女の評価は今ひとつ、そしてアナウンサーとしての世間の評価は、またこの2つとはまったく別のところにある、という具合……。

しかしながら、最近は異性と同性の評価の違いも、“男受け”する分“女受け”しないという、単純な話ではなくなってきた。人から評価を得るのは、そもそもそう簡単なことじゃないうえに、3つの異なる評価基準がそれぞれ一体どこにあるのか、そこが今ますますみにくくなっているのである。そんなことも踏まえて聞いて欲しい。3つの評価の決め手って何なのか?まず、女を見る男の評価基準はいちばん不可解で、“美しいこと”が評価の対象となるのは言うまでもないけれど、初対面においてはそこにもっと  “気配”や“匂い”、あるいは“フェロモン”みたいに、目に見えないものが介在してくる。

男と女の初対面では、遺伝子的に遠い者同士ほど強いフェロモンを感じて惹かれ合うと言われるが、それも血を分けた本当の兄妹が恋愛関係になってしまわないため、という説が濃厚。“愛する人がじつは兄だった”みたいに韓流ドラマ的なことは現実にはあんまり起こらないけれども、それが本当なら、やっぱり男と女は“フェロモン”という見えない波動で言葉をかわしていることになる。だから男の評価は操作不能の部分もあるのだけれど、評価の対象となる決定的なものをひとつだけあげるなら、それはいろんな意味での“清潔感”なんじゃないかと思う。ともかく身も心も魂も、どこかに汚れが見える女は愛されない。しかも見た目は数秒、内面も10分あれば見破られてしまう。肌の美醜から貞操観念みたいなものまで、初対面で女はすべての清潔度を測られているのだ。