連載 齋藤薫の美容自身stage2

3つの初対面で光る女、くすむ女

公開日:2015.04.23

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

男も女も世間も 相手の”清潔”を評価する。みんな気づいていないけれど。

初対面の評価はひとつじゃない。大人の女の初対面には、大きく“3つの場合”がある。異性の評価と、同性の評価、そして世間一般の評価である。で、面倒なことに、3つが一致することはむしろ稀で、多くの人には、バラバラに3つの評価が下ることになる。たとえばだけれど、いわゆる“女子アナ”のように、一応日本の中でもズバ抜けて優れた女たちさえ、微妙に異なる3つの評価に翻弄されることになる。男の評価の高い女子アナも、女の評価は今ひとつ、そしてアナウンサーとしての世間の評価は、またこの2つとはまったく別のところにある、という具合……。

しかしながら、最近は異性と同性の評価の違いも、“男受け”する分“女受け”しないという、単純な話ではなくなってきた。人から評価を得るのは、そもそもそう簡単なことじゃないうえに、3つの異なる評価基準がそれぞれ一体どこにあるのか、そこが今ますますみにくくなっているのである。そんなことも踏まえて聞いて欲しい。3つの評価の決め手って何なのか?まず、女を見る男の評価基準はいちばん不可解で、“美しいこと”が評価の対象となるのは言うまでもないけれど、初対面においてはそこにもっと  “気配”や“匂い”、あるいは“フェロモン”みたいに、目に見えないものが介在してくる。

男と女の初対面では、遺伝子的に遠い者同士ほど強いフェロモンを感じて惹かれ合うと言われるが、それも血を分けた本当の兄妹が恋愛関係になってしまわないため、という説が濃厚。“愛する人がじつは兄だった”みたいに韓流ドラマ的なことは現実にはあんまり起こらないけれども、それが本当なら、やっぱり男と女は“フェロモン”という見えない波動で言葉をかわしていることになる。だから男の評価は操作不能の部分もあるのだけれど、評価の対象となる決定的なものをひとつだけあげるなら、それはいろんな意味での“清潔感”なんじゃないかと思う。ともかく身も心も魂も、どこかに汚れが見える女は愛されない。しかも見た目は数秒、内面も10分あれば見破られてしまう。肌の美醜から貞操観念みたいなものまで、初対面で女はすべての清潔度を測られているのだ。

ただ男たち自身はそのことにあまり気づいていない。セクシーさに惹かれていると思っていても、じつはその中にある清潔感に惹かれているのだって、その真実には気づいていないのだ。女が女を評価する時も同じ。女たちも相手の何を評価しているのか、案外わかっていないが、ひとつの答えは“相手が自分をどう思うのか?”。味方なのか敵なのか、結果的にはそこなのだ。「あの人、何だかいい人そう」、そう思う時、女はすでに相手に好意を持たれていると感じている。好かれれば好きになるのだ。しかし、自分を好きになってくれそうにない女や、自分にとって都合の悪い女、敵になりそうな女は“評価しない”。女には自分の彼氏を絶対に紹介したくない女のタイプってあって、そういう警戒心が女たちの評価をしぶらせるのだ。ずいぶんと身勝手だが、それに本人は気づいていない。もっと正当で公平な評価をしていると自分では信じているから気づかないのだ。

結局のところ女はとっさに、相手が自分を裏切らないかどうかを見ているのだろう。だから、逆から見れば、自分のほうが初対面から相手をいきなり好きになってあげないと、好かれない。警戒心を持たれ避けられる。ともかく素直な心で相手と向き合わないと、初対面から相手を好きになどなれないわけで、“対同性”はこちらの出方しだい、なんである。一方、仕事上の初対面、人と人としての初対面では、一体何を見られているのか、と言えば、これはおそらく“ズルさの有無”。“面接”でも、能力的なデキるデキない以前に、そこがしっかり見られている。人を社会人として見る時、第一印象から読み取れるものはそれこそいっぱいあるが、人はみんな得をしたい、変な欲がある。社会人になればいつかは必ずなおさら楽して得しようとする。だからこそ面接であれ、入社1日目であれ、世間は誠実さを真っ先に見ようとするのである。

しかし、“ズルさの測定”にも明快な方法はない。これまた人のカン。今まで人を見てきた経験で判断するしかないわけだが、でもキャリアを積んだ年寄りだけがそれを見抜けるわけじゃなく、20代だって、見抜ける人は見抜けるのだ。自分もズルく立ち回ろうと思えば立ち回れるけど、あえてそれをしない、知性と理性の両方を持っている20代にはそれがしっかり見えているはずなのだ。

ちなみにズルくないことだって、ひとつの清潔感。魂の清潔度みたいなものを人はいちばん先に測りたいのだ。つまり、そこだけはみな共通、男も女も世間も、結局は人の清潔感を見たいのだ。みんなそれぞれの視点で、それぞれの方法で、相手の清潔度を見極めようとする。さまざまに清潔度を測ろうとする。そしてあらゆる清潔感は、メイクや服の下に、言葉の裏に隠れているものだから、それがそっくり評価につながる。好感度に直接つながるのだ。清潔感って、見た目以上に本質に宿るものだから、人の印象としてじつは最強のものなのだ。女は身も心も、どこもかしこも清潔であれ、そうすればすべてうまくいく。何もしなくても輝き、何をしてもくすまないのである。

男たちは“女の色気”の中の清潔感をさがしてる!

男たちは、セクシーな女に心惹かれているかに見えても、じつはその奥にある清潔感に心惹かれているのだ……本文の中でさらりと触れたそのことについて、もう少し深く斬りこんでみようと思う。まず、すべては無意識だけれど、男は女の“あらゆる清潔感”に心惹かれる生きものだと言った。男が肌の美しい女性に心惹かれるのも、それは清潔感の絶対条件だからだし、男が厚化粧を嫌うのも、清潔感と対極にあるから。また男たちがグロスの輝きなどに宿る濡れ感が好きというのも、その濡れは“水”を連想させるから。水は、人にとって清潔の象徴だ、男は女の中に“水”を求めるのだ。肌もモチ肌が好きというのは、そこに水を感じるからだし、鼻にかかった声の女が好きというのも、声に濡れ感を見るからなのだ。

でもそうした濡れ感こそ、同時に女の“色気”の象徴でもあったりする。たぶん男が女に対して感じる色気は、清潔感が大前提、いや必ずセットになっている。“色気”というものは本来、相手をうっとりさせるものでなくてはいけないが、うっかりすると下品に転びそうな色気にはそれがない。清潔の土台の上に生まれた色気でないと、人をうっとりさせられないからだろう。男との初対面は、何はなくとも清潔感。セクシーな服も清潔の上に着てこそ、効力を持つこと、忘れないでいてほしい。

Edited by 齋藤 薫

公開日:2015.04.23

Serial Stories

連載・シリーズ