1. 重たがられる女

斎藤薫の美容自身2

2015.04.23

重たがられる女

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

重たがられる女

重たい女は、重たい男と重たく生きていく、そこに本当の幸せが生まれる

「重たいんだ」一度でもそう言われた経験がある人は、その屈辱を忘れはしない。単純に彼になだれかかったり、腕につかまって歩こうとして、「重たいんだ」と言われただけで、女は自殺したくなるのだから。だってそれが愛している女なら、たとえ60キロ分の体重をかけてきても男は重たく感じないのだろうから。いや、単に「愛されていないから」じゃない、相思相愛から“片想い”へと空しく形が変わりつつあるから屈辱なのだ。男が自分の意志で抱きあげた女に、重たくなってきたからと不満を言い、どこかに置き去りにしようとする……いちばん辛い展開だ。誰だって、“重たい女”にだけはなりたくないのである。

なのに、“重たがられる女”は、恋愛するたびに重たがられてしまう。今度こそはと恋をするたびに、重たがられないよう留意して工夫して努力するのに、やっぱり重たがられ、それでも恋愛に対し臆病になることはあんまりなく、次の恋でもまた重たく恋をしてしまうのだ。じゃあこういう女たちはどうしたらいいのか?まずはズバリ付き合う男の種類を変えるべき。同じように“重たい男”を選ぶべきなのだ。重たい、軽いは、言うまでもなく恋愛エネルギーの度合いだが、その分泌量は人それぞれ生まれながらに決まっていて、相手によってそう大きく変わるものではない。相手が変わっても、熱い人は熱く相手が誰でも冷めている人には冷めている。付き合いはじめはともかく、一度気持ちが落ち着いてからは、相手に限らずその生まれもってのエネルギー量しか出てこない。そういうものだと思うのだ。

毎日会いたい人は、毎日会いたい。夜、残業してクタクタでも恋人には会わないと気がすまない。そういう“エネルギッシュな人”がいるかと思えば、一週間に1回以上会う必要はない、月二くらいでも平気という“淡泊な人”もいる。それは、ほぼ“生まれつきの体質みたいなもの”なのだ。だから、週一で充分すぎる男にとって、毎日会いたい女は、それだけで“重たい女”。重たがられる原因はほとんんどそれなのである。