1. 軽んじられる女

斎藤薫の美容自身2

2015.04.23

軽んじられる女

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

軽んじられる女

弱いものがそばにいると強くなり、強いものがそばにいると弱くなる。だから"いい人"なだけじゃ損をする。

“軽んじられる女”には、大きく2種類あると思う。ひとつは、いろんな意味で安っぽく薄っぺらく見えてしまう女。もうひとつは、いい人すぎてしまう女……。まず“安さ薄さ”は、ここでくどくど説明するまでもないだろう。“安っぽい女”とは、別名“簡単についてくる女"。自分を安売りする女に他ならないし、“薄っぺらい女”は別名“何も考えてない女"。遊ぶこと以外、何も考えていない女に他ならない。

しかし実際には致命的に安く薄い女は、きわめて少数派。本質的にはそうではないのに“そう見えてしまう"、見た目で損をしている女がほとんどだと思うのだ。そして自ら好んで“簡単についていきそうなファッション”をしているタイプはまあ自業自得という他ないが、気の毒なのは、ファッションはふつうなのに、安く見えてしまう人。

そう、この“ふつう”ってクセもので、ひとことで言うと今みんながやっているきわめて“ふつう”のファッションと髪型を、清潔感なくやってしまうと、女は致命的に安く見える。当たり前すぎるファッションでも、清潔感がきちんと際立つようなら、“ちゃんとしたお嬢さん”に見えるが、ひとたび清潔感を失うと、本当に“ひと山いくら”の安さが生まれてきてしまう。“ふつう”のコワさである。そういう見た目の安さ薄さを防ぐためには、どんなに地味でもどんなに派手でもいい、“人と違う部分があること”と“清潔感”、この2つをクリアすること。それだけで人はちゃんと高く見える。簡単なことだと思う。