1. 周囲に「もったいない」と言わせる結婚を選ぶ女

斎藤薫の美容自身2

2015.04.23

周囲に「もったいない」と言わせる結婚を選ぶ女

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

周囲に「もったいない」と言わせる結婚を選ぶ女

世間は、"妥協"の結婚をする女も許さない。結婚はもっと本能ですべきものだから。

男と女は、それがどんな不釣り合いな組み合わせであろうと、まわりがとやかく言えるものではない。しかし、どうしても気になってしまう“不釣り合い”ってあるもの。しかも、組み合わせのアンバランスは、二人の評価を大きく変えてしまう。誰から見ても“とってもお似合いな組み合わせ”なら、それまでのイメージは何ら変わることがないが、チグハグな相手を選ぶと良くも悪くもイメージが変わる。たとえばだけれど、お互いのイメージを何倍にも好転させたのは、ジャガー横田とエリート外科医のカップル。いろんな意味でものすごくチグハグだけれど、そのチグハグはなぜだか誰にとっても心地よく、何だか知らないが、いつまでもこの二人の人生を見守っていきたい気にさせる。

これはよく考えると、意外なことにお互いの中に“妥協”も“打算”もないことが、けっこう明白だからだろう。同じチグハグでも、片方の“玉の輿願望”が見え見えだったり、片方に“もう結婚できないからという諦め”が見えたりすると、他人事なのに納得しがたい気分になってくる。

たとえばすでに離婚しそうだけれど、ブリトニー・スピアーズの結婚を世界中がブーイングしたのも、男のほうの金目当てを女が楽しんでいるような軽量感が見えたから。他にもアメリカでは、元プレイメイトの20代グラマラスモデルと90歳近い大富豪との結婚なんかが実際あって、多くの人が嫌悪感を持ったりしたもの。