連載 齋藤薫の美容自身stage2

周囲に「もったいない」と言わせる結婚を選ぶ女

更新日:2021.02.22

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

世間は、”妥協”の結婚をする女も許さない。結婚はもっと本能ですべきものだから。

男と女は、それがどんな不釣り合いな組み合わせであろうと、まわりがとやかく言えるものではない。しかし、どうしても気になってしまう“不釣り合い”ってあるもの。しかも、組み合わせのアンバランスは、二人の評価を大きく変えてしまう。誰から見ても“とってもお似合いな組み合わせ”なら、それまでのイメージは何ら変わることがないが、チグハグな相手を選ぶと良くも悪くもイメージが変わる。たとえばだけれど、お互いのイメージを何倍にも好転させたのは、ジャガー横田とエリート外科医のカップル。いろんな意味でものすごくチグハグだけれど、そのチグハグはなぜだか誰にとっても心地よく、何だか知らないが、いつまでもこの二人の人生を見守っていきたい気にさせる。

これはよく考えると、意外なことにお互いの中に“妥協”も“打算”もないことが、けっこう明白だからだろう。同じチグハグでも、片方の“玉の輿願望”が見え見えだったり、片方に“もう結婚できないからという諦め”が見えたりすると、他人事なのに納得しがたい気分になってくる。

たとえばすでに離婚しそうだけれど、ブリトニー・スピアーズの結婚を世界中がブーイングしたのも、男のほうの金目当てを女が楽しんでいるような軽量感が見えたから。他にもアメリカでは、元プレイメイトの20代グラマラスモデルと90歳近い大富豪との結婚なんかが実際あって、多くの人が嫌悪感を持ったりしたもの。

では、女のほうがひたすら「もったいないね」と周囲に噂されるような結婚はどうだろう。一般的に、いくらでも高く売れる美人が「もったいないね」と言われるような結婚をすると、あんまりいいことは言われない。美人の結婚は相手が金持ちでもあまり“金目当て”とは言われないのに、自分より収入が低いような相手を選ぶと、プライドも捨ててしまったの?と評価を落とすのが常。女のほうがそれなりに年齢がいっていると、焦ってたんだねと言われ、仕事がうまくいってなかったりすると、そっちへ逃げたんだねと勘繰られる。そんなに自分を低くしてまで結婚したいの?という見方から、またさらにイメージを落としがち。

じつは誰とは言わないけれど、十数年前、美人で名高い女優が、どう見ても不釣り合いの“お笑い芸人”と結婚した時、誰もが「なぜ?」と強い違和感を持った。しかしあるインタビューに答えて、その女優が結婚の理由を、「本気でプロポーズしてくれたのは、彼が初めてだったから」と、ふともらしたのを聞いた時、女としてちょっと切ない気持ちになったもの。

その女優は恋の噂はいっぱいあったけど、“不倫”や“失恋”の噂も一緒に聞こえてきたりして、恋愛においてはあんまり幸せではないことがうかがえた。たぶんその“結婚動機”は本音の本音だったのだろう。いっぱいモテるけど、本当には愛されない女は、初めてのプロポーズにことのほか弱いのだ。女としてそれが何となくわかったから、致命的なイメージダウンは免れたが。

そして、ちょっぴり似たケース、今回の“藤原紀香の結婚”には、発覚当初いろんな意味での違和感がありながらも、結果として何かほのぼのとした納得をもたらしつつある。女優・藤原紀香もいろんなチャレンジをしたものの、仕事より結婚をとるために前のめりになったのか?みたいな見方もあったわけで、そうなるとお互いのイメージダウンも心配されたし、独特の切なさを感じられたりもした。けれど、それがいつの間にか、ジャガー横田夫婦のような好感が持たれはじめていく。なぜか?たぶん、二人の人柄の良さが、チグハグの違和感を、逆に心地良さに変えたのである。二人ともに、“人間性”に関する悪い噂はなく、とくに藤原紀香はかなり“いい人”らしいというもっぱらの噂。だからその結婚にケチをつけようとした人たちが、しだいに口をつぐみ、「二人はきっとお互いの内面に惹かれたのだね」という納得につながっていったのだ。

もちろんこれで結婚がうまくいかないと“中身にほれた結婚説”がくずれ去るから、イメージダウンがまた頭をもたげてくるけれど、仲良しでいる限りは評価が上がり続ける。女にとって結婚は、イメージのシーソーゲームみたいなものなのだ。それもこれも、女が結婚に愛情以外の何らかの損得感情を持ち込むことを、世間が許さないから。いや、「幸せになりたい」というがむしゃらさはまだ許される。いけないのはむしろ妥協や逃げ。結婚はもっと本能でしてほしい。感情のおもむくままにしなきゃいけない。それが世間の願いだから、それにわずかでも反する結婚を見つけると、存在を丸ごと否定しようとする。二人の心の中を無理矢理のぞきこんで、そこに少しでも“妥協”があったらこき下ろす。プラス思考の結婚でないと許さないのだ。

だから“もったいない結婚”をする女を、世間はひとまず不審に思うのだ。でも「もったいないね」と言われつつ、やがてほのぼのと周囲を納得させる結婚、それができる女って本当は理想なのかもしれない。お金より人柄、しかも謙虚な結婚ができる女って、本当はすばらしいのに、そう思ってあげられないのは、たぶん世間がそこまで無欲な人の心を理解できないからなのだろう。エライじゃない?“もったいない”と言われる結婚ができる女って。最後に幸せをしみじみ勝ち取るのは、きっとこういう女なのだろうし……。

“もったいない”は日本人的美徳だ

「○○子さんは、うちの息子にはもったいないお嬢さんで……」結婚に際し、女は相手の母親に最低でもそう言わせないといけない。と言うより、そんなこと心にも思っていなくても、相手の母親が未来の娘にその程度のお世辞も言えない人では、将来の幸せはないと思ったほうがいいからだ。そしてできるなら、「キミはボクにはもったいない女」と言ってくれるような男と結婚しておくと、あとあとラク。

周囲に「あなたはあの男にはもったいない」と口々に言わせてしまうのはどうかと思うが、相手自身や相手の親に「もったいない」と言わせる、そういう結婚はやっぱり正しい。そもそも、この“もったいない”……日本語にしかない概念。だからこそ、“国連”でもその精神を見習いましょうということで話題になったのはご存知の通り。ましてや「あなたは私にはもったいない」なんていうふうに相手を立てる国なんて、それこそ他にはないはずなのだ。そういう価値観、日本人だけの財産として大切にするべきだし、そこまでへり下れる男は、人生レベルのメッケもの。だから理想は、本人も親もそういうふうに言ってくれる彼との結婚。そうすると、3年後くらいからはじわじわと女のほうが「彼は私にはもったいない人かも」と思えてくるはず……。人と人が「もったいない」と言い合う国、日本はそういう意味じゃいい国だ。

Edited by 齋藤 薫

公開日:2015.04.23

Serial Stories

連載・シリーズ