1. ヒロインな女の幸、不幸

斎藤薫の美容自身2

2015.04.23

ヒロインな女の幸、不幸

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

ヒロインな女の幸、不幸

女の人生には、どんなにささやかでもヒロイン体験が必要だ。

あなたは今まで、ヒロインになったことがあるだろうか。学校の学芸会でのヒロインでもいい。何かのコンテストで優勝したでも、学級委員をやりました、でもいい。ひとり脚光を浴びた経験があるだろうか。そうそう、結婚式の花嫁は一応みんなヒロインで、“一生に一度、あなたが主役になる日”っていう見慣れたコピーも、まんざらウソではない。ただ花嫁は自らが申し込んでなるもので、本来のヒロインはやっぱり選ばれたり、勝ったりしなければなれない。何らかで“イチバン”になれないと得られない立場。

ただ花嫁は自らが申し込んでなるもので、本来のヒロインはやっぱり選ばれたり、勝ったりしなければなれない。何らかで“イチバン”になれないと得られない立場。そして、そういうポジションをいつも何となく目指している人は、言わば“ヒロイン体質”の女である。どんな劇団にもヒロインしか狙っていない人と、ハナっからヒロインを諦めてしまってる人とがいる。それは美貌や体型のせいばかりじゃない。性分なのである。二人は、かなり異なる人生を送ることになる。

“ヒロイン体質”の女は、基本的にどこに行ってもイチバンを目指すから、ちょっとした合コンでだって一番モテなきゃいけない。だから着る服だって違ってくる。話す言葉も違ってくる。仕事場でも負けん気を発揮するだろうし、それなりの努力もするだろう。だからイヤでも磨かれていくはずで、成長の幅も大きいのは確か。そういう意味で言えば女はみんなヒロインを目指しておいたほうがいい、ってことになる。