1. プライドの高さが、不幸を呼ぶ

斎藤薫の美容自身2

2015.04.23

プライドの高さが、不幸を呼ぶ

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

プライドの高さが、不幸を呼ぶ

この世でもっとも恋愛がヘタなのはプライドの高すぎる女である。

まったくありえない、異様な事件が多い中、もちろん“ありえない”けれど、なぜだか“他人事”では片づけられなかったのが、あの“カオリン”が起こした“エリート夫殺害事件”。きっとこれを読む多くの人が、「お友だちの○○ちゃんちみたい……」とか「こういう人、知ってる」とか、あるいはまた「このカオリン、私に似てる」などと思ったに違いない。お嬢さん育ち、有名女子大卒、キャビンアテンダント志望、でも落っこちてハケン社員をやっていた。合コンで“弁護士志望の高学歴男”と出会う。そしてスタイル抜群の美人、ブランド好き、オシャレ……。そういう最低限のプロフィールを並べただけで、何となく浮かび上がってくるのが、“プライドの高さ”。

性格のことなど、ひとことも書かれていないのに、私たち女には何となくわかってしまう。この人きっと、相当にプライド高いって。そして、何かこの人、自分に似てると思った人は、たぶんそこのところにピンと来たのだろう。“プライドの高い女”は、確かにこういうこと、やらかしかねないよね……と。プライドの高い女は、それなりに“人のうらやむ人生”を送っている。プライドが高いからそうなったのか、いろいろ恵まれているからプライドが高くなっちゃったのか、どちらにしても、プライドの高い女は、当然のこととして女としてのアベレージはそれなりに高いもの。でもその一方で、そういう女はイザとなると、“破滅的”になりやすい。つまり、問題が何も起きなければ、ひとつひとつていねいに人生を積み上げていけるのに、ひとたび何かの障害にぶつかると、自らその積み上げてきたものをぶち壊したくなってしまう。それがプライドの高い女の、決定的な特徴でもあるのだ。