1. 誇り高さが、幸せを呼ぶ

斎藤薫の美容自身2

2015.04.23

誇り高さが、幸せを呼ぶ

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

誇り高さが、幸せを呼ぶ

"誇り高さ"とは、逆境にある自分に勇気をくれるもの。

プライドを、日本語に訳すと“誇り”になる。どんな辞書を引いても、誇りとプライドはほとんどイコールだ。けれども、私たち日本人にとって、“プライドが高いこと”と“誇り高いこと”は、何かが違う。同じ意味として片付けることができないのだ。言うなれば“ラブ”と“愛”を、同じ意味として片づけられないように……。乱暴に言ってしまえば、プライドはどこかに“見栄”というニュアンスを含むのに対して、“誇り”には、自分を卑下せずに静かな自信をもって、胸を張って生きていく……みたいなある種の崇高さを感じるのである。“漢字”のぶんだけ、重さを感じ、日本人として言霊を感じてしまうということなのかもしれないが。

そこで、無理矢理使い分けるならば、“プライドの高さ”は、恋愛において、ちょっとでも相手の気持ちが自分から離れたら、自ら関係を壊そうとし、自滅も覚悟で相手を攻撃してしまいがちだが、“誇り高さ”は、同じように相手の気持ちが離れていっても、破滅的にはならない。ちゃんと自分の力で自分を立て直していく、そして以前よりもっと大きな自分に成長していくという“転んでもただでは起きないしたたかさ”、“自分を信じて力強く立ち上がる不屈の精神”をそこに見せつけるのが、“誇り高き女”であると思うのだ。

たとえばそれは、話題を呼んだ映画『華麗なる恋の舞台で』にしっかり描かれていた。つまり明らかに“プライドの高い女”じゃなく、これぞ“誇り高き女”がそこに登場するのである。たとえばあなたは、自分の恋人を奪った女が、同じ職場にいたらどうするだろうか?この映画のヒロインは“舞台女優”。そして“年下の恋人”を奪った“若い女”は、女優の卵。またヒロインにも、愛は冷めきっているものの“仕事のパートナー”である夫がいるが、その“若い女”はなんと夫の愛人もやっていた。しかも若い女は、自分も同じ舞台に出たいと、自ら奪った2人の男を通じて、ヒロインに働きかけてくる。

二重三重の屈辱、そのうえに相手は自分よりはるかに若い。ハッキリ言って、プライドはもうボロボロなはず。しかし“大女優”はそこで激怒したり、取り乱したり、破滅的に何かを壊してしまったりはしない。むしろどんどん冷静になっていき、“若い女”を自分の舞台にも起用するのだ。なんと寛大な……と思うだろう。しかし“誇り高き女”は、そういう理不尽を通してしまうほどヤワではない。“大人の誇り”、“女の誇り”、“社会人の誇り”をキズつけられたことの代償はしっかりと払ってもらおうと思っている。