1. 誇り高さが、幸せを呼ぶ

斎藤薫の美容自身2

2015.04.23

誇り高さが、幸せを呼ぶ

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。


もうひとつ、映画から話を引っ張ってくるのなら、黒人をヒロインにした映画は、不思議にその多くが“誇り高さ”をテーマにしている。『カラーパープル』から『ドリームガールズ』まで。なぜだろうと考えた。結局のところ、マイノリティであったり、逆境にあったりしても、自信をもって胸を張って生きる糧は“誇り高さ”に他ならず、誇りは自分を勇気づけるもの、生きていくエネルギーに変わるもの、だからいちばん尊いもの、という真理を描いているからなのだ。

一方で、“誇り”という字を見ると思い出してしまうのは、あの“逆オスカー”とも言うべき最低映画賞で最低主演女優賞に選ばれてしまったハル・ベリーが、「キャリアを積んだら、批判にもちゃんと耳を傾けるべき」と、授賞式に出てきて堂々とスピーチしたこと。これにはなんだか妙に感動したもの。まさしく“誇り”があるからできること。世の中の批判に真正面から向き合うだけの誇りと、そして自信があるからこそ、できたこと。誇りのためにそこまでした女がいたことを、今こういう時代だからこそ、心のどこかにとどめておきたいのだ。

「プライドを捨てなさい」とは言うが、「誇りを捨てなさい」とは言わない。むしろ「誇りを持ちなさい」「誇りを取り戻しなさい」と使う。だから今この機会に、心の中でそれをきっちりすみ分けして、つまらないプライドを捨て、誇りを取り戻す……何か今、私たちがやらなきゃいけないことって、それのような気がする。