1. 出会える女と出会えない女

斎藤薫の美容自身2

2015.04.23

出会える女と出会えない女

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

出会える女と出会えない女

"出会う"ことは"知り合う"ことじゃない。まず先に人を好きになるのが"出会い"の扉。

幸せは“出会い”がもってきてくれる……女はどこかでみんなそう信じている。
“出会い”さえあればきっと幸せになれるのだと。あるいはまた、自分が今幸せじゃないのは、“出会い”がないせいなのだと……。

じゃあ一体“出会い”って何?多くの女性にとってそれは、“独身の異性と親しく知りあうこと”そのものを指し、だから、ちょうどいい年頃の独身男と知りあう環境にない女は、今の生活そのものを不幸の温床と考える。そういう意味での“出会い”がほとんどない仕事に就いていると、なかなか幸せがやってこないことをすべて仕事のせいにしてしまったりする。しかし仕事は“出会い”の場じゃない。そこをハッキリ切り離して考えない限り、いい仕事もいい出会いも両方できないまま歳をとっていくハメになるだろう。

そもそも、“知りあうこと”イコール“出会い”ではない。その証拠に、ある女優は「恋人は今いません。こういう仕事ってなかなか“出会い”がなくって……」と言った。うそうそ、まわりに独身男いっぱいいるでしょう。相手役の男優だって、スタッフだってみんなそれなりに恋の相手になりそうな男たち……一般人はそう思う。だいたいが、女優はドラマに出ても映画に出ても、そのたびに一緒に仕事をする顔ぶれがガラリと変わるわけで、それを“出会い”にカウントするなら、もう一年中“出会い”だらけだ。事実、“共演者”と必ず恋に落ちちゃう女優は少なくないわけで、女優もタレントも、“出会い”には苦労してないはずと思うわけだが、ただよく考えてみれば、“結婚しない女優”は現実に少なくない。“知りあうこと”や“仕事をともにすること”に“出会い”を求めるのは、やっぱりちょっと違うのかもしれない。

じゃあ“出会う女”と“出会わない女”は一体何が違うのだろう。明らかに“出会える女”っていて、そういう人は何度でも出会う。いつの間にか出会っている。独身男と知りあえるチャンスがいっぱいの環境にいるわけではないのに。