連載 齋藤薫の美容自身stage2

出会える女と出会えない女

公開日:2015.04.23

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

“出会う”ことは”知り合う”ことじゃない。まず先に人を好きになるのが”出会い”の扉。

幸せは“出会い”がもってきてくれる……女はどこかでみんなそう信じている。
“出会い”さえあればきっと幸せになれるのだと。あるいはまた、自分が今幸せじゃないのは、“出会い”がないせいなのだと……。

じゃあ一体“出会い”って何?多くの女性にとってそれは、“独身の異性と親しく知りあうこと”そのものを指し、だから、ちょうどいい年頃の独身男と知りあう環境にない女は、今の生活そのものを不幸の温床と考える。そういう意味での“出会い”がほとんどない仕事に就いていると、なかなか幸せがやってこないことをすべて仕事のせいにしてしまったりする。しかし仕事は“出会い”の場じゃない。そこをハッキリ切り離して考えない限り、いい仕事もいい出会いも両方できないまま歳をとっていくハメになるだろう。

そもそも、“知りあうこと”イコール“出会い”ではない。その証拠に、ある女優は「恋人は今いません。こういう仕事ってなかなか“出会い”がなくって……」と言った。うそうそ、まわりに独身男いっぱいいるでしょう。相手役の男優だって、スタッフだってみんなそれなりに恋の相手になりそうな男たち……一般人はそう思う。だいたいが、女優はドラマに出ても映画に出ても、そのたびに一緒に仕事をする顔ぶれがガラリと変わるわけで、それを“出会い”にカウントするなら、もう一年中“出会い”だらけだ。事実、“共演者”と必ず恋に落ちちゃう女優は少なくないわけで、女優もタレントも、“出会い”には苦労してないはずと思うわけだが、ただよく考えてみれば、“結婚しない女優”は現実に少なくない。“知りあうこと”や“仕事をともにすること”に“出会い”を求めるのは、やっぱりちょっと違うのかもしれない。

じゃあ“出会う女”と“出会わない女”は一体何が違うのだろう。明らかに“出会える女”っていて、そういう人は何度でも出会う。いつの間にか出会っている。独身男と知りあえるチャンスがいっぱいの環境にいるわけではないのに。

最近の“結婚話”で、いちばんインパクトがあったのは、やっぱりあの寺島しのぶの国際結婚だったと思うが、その“出会い”はとあるパーティでの“ひと目惚れ”だって。それって随分ふつうじゃない?って思ったかもしれない。何しろこの人は、ここ数年ノリにノっていて、映画にひっぱりだこ。ついでに仕事での劇的な出会いなどを平然と果たしていそうなのに、意外や意外、別に賞取り女優でなくても誰にでもできそうな、ふつうの出会いをすませていたのである。

しかしこの人は、どこにでもある“パーティでの出会い”で、しっかりと恋をして、“会見”によれば、ともかくあの手この手で相手をくどき落としたというのだ。そう、これが“出会い”である。“出会い”っていうのは、知りあうことではない。自ら恋をして、その恋を成就させるべく全力を注ぐこと、それで初めて“出会い”になるのだってことがよくわかる。

相手とめぐりあえたことに心をふるわせ、自らの努力で“出会い”の形を整えていく……“出会える女”って結局のところみんな、それをやっているのである。離婚したばっかりなのに、またすぐ出会いがあって、アッという間に再婚してしまった人がいた。彼女は離婚するやいなや、「誰か紹介して」と周囲にお願いしまくり、その成果あって紹介された数人の男の中から、コレっていう男を選んだという。そんなおいしい話ってあり?と思ったけれど、“出会うこと”に積極的な女は、いくらでも自分主導の出会いが果たせるのである。“出会える女”は要するに、出会うことを一瞬たりとも待っていない。いつも自分から出会いを取りに行って、そしてひとつひとつの出会いをぜったい無駄にしない。何らかの成果を得るまで諦めないのだ。

しかし“出会えない女”は、どこかで必ず受け身になっている。“出会い”は向こうからやってきて、いろいろお膳立てしてくれるものと思っている。だから、同じ人と偶然2回出会ったり、落とした物をひろってもらったり、相手からいきなり告白されたり、どこかでそういう“運命の出来事”を待ってしまうのだ。運命が勝手に自分を巻き込んでくれると思ってしまうのだ。

だから、そういう運命の影響が感じられない環境や、何も起こらない日常それ自体をうらんでしまう。やがてこの環境のせいで、自分は幸せになれないのだと思い始めてもしまう。それ自体が不幸感。そうなると、ここにいる限り、自分は幸せになれないと決めつけるから、自ら今の人生にカーテンを閉めて、たとえ人と出会っても、わずかも心が動かない状態を招いてしまうのだ。

ともかく人を好きにならない“出会い”なんてない。なのに、“出会えない女”は、相手を好きになる前に、“出会おう”とする。そこに間違いがあるのだと思う。第一それって傲慢すぎないか。人を好きになるより、幸せになることを先に望んでしまうなんて傲慢すぎる。出会うことより、まず人を好きになること……。大切なのは、そういう意味での謙虚さなのかもしれない。

「今度お食事を」をあいさつ代わりに言うすすめ

昔、出版社に勤めていた時のこと。同じ編集部の後輩が、ある日ぽつりとこう言った。「この前ちょっと“出会い”があって……」。一体誰と、どこで?と周囲は色めき立ったが、“告白話”が進んでいくうち、アレッ?と思う。何でも、仕事で出会った大手広告代理店のイケメン男が、「今度ぜひお食事でも……」と言ったらしいのだが、その人!私にも同じことを言ったかも……と内心慌てていると、そこにいたもう一人が、「その男、私のことも食事に誘ったよ」とハッキリ告げた。「だめだよその男」と、忠告の嵐になったのは言うまでもない。

同じような話を男性からも聞いたことがある。ある有名な美人は「今度ぜひお食事でも……」が口グセで、何人もの男が舞い上がっていて、それが“出会い”だと思い込んでいるのが判明。みんなで倒れそうになったという話……。どちらの場合も、実際に“食事をした人”は、いない。何が言いたいのかと言えば、そこそこ見てくれがよければ、「今度ぜひお食事を」と、会う人会う人にあいさつ代わりに言っとけば、いくつかの「出会い」はそれで演出できてしまうということ。相手の中でそれはもう立派な「出会い」になっているから、しびれを切らして向こうから誘ってくるかもしれない。ただ、「オレも言われた」「ボクも言われた」とバレてしまわないように、声をかける相手はテキトーに散らばすこと。

Edited by 齋藤 薫

公開日:2015.04.23

Serial Stories

連載・シリーズ