1. カロリー不足は、かえって太る!? 細川モモさん提唱「脱・低カロリー」の新ダイエット理論とは?

2016.04.20

カロリー不足は、かえって太る!? 細川モモさん提唱「脱・低カロリー」の新ダイエット理論とは?

突然ですが、あなたは今「痩せたい」と思ってますか? 「YES!」という声が聞こえてきそうですね。では気をつけていることは? 「低カロリーな食事を意識してます」「炭水化物をオフしてます」「お肉は控えめに野菜中心の食生活にしてます」……そんなふうに答えた人、ちょっと待って! その食生活が、かえって太りやすいカラダをつくっていたのかも!?

カロリー不足は、かえって太る!? 細川モモさん提唱「脱・低カロリー」の新ダイエット理論とは?

“ヘルシーの勘違い”で
脂肪を溜め込みやすいカラダに!


「1日2000kcalの食事をとりましょう」
そう言うと、ダイエットを頑張っている女性ほど「そんなに食べたら太ってしまう!」「低カロリーのほうがヘルシーなはず!」と反論するかもしれません。
でも「カロリー不足になると身体は、脂肪だけでは足りずに、筋肉を壊して生きるためのエネルギーに変えようとします。筋肉量が減ってしまうと、基礎代謝や体温が下がります。カロリーオフは、脂肪を燃やすどころか逆に、燃焼しにくい、脂肪を蓄えやすい身体をつくってしまうんです」と語るのは、2011~2015 ミス・ユニバース・ジャパン ビューティーキャンプ講師として、「世界一の美女の卵」たちに食事指導をしてきた細川モモさん。もともと筋肉量が落ちづらい男性には成功しやすい低カロリーダイエットや糖質オフダイエットが、そのまま女性にも有効とは限らないのだとか。

細川もも

予防医療コンサルタント
2011~2015 ミス・ユニバース・ジャパン ビューティーキャンプ講師
細川モモさん

カロリーオン、食事の品数プラスで
身体は引き締まる!


モモさんの指導によって「すごいスピードで身体が変わった」と語るのは、ミス・ユニバース・ジャパン 2012のファイナリスト、岸本美穂さん。それまでは「食べない=痩せる」と信じて、「炭水化物を抜き、サラダとスープでお腹を満たしてヘルシーな食事だと思っていた」そう。半信半疑ながら、モモさんのアドバイス通り、食事の品数をぐんと増やしたことで、なんと体脂肪率が4%減。気になっていたお腹&お尻のお肉も引き締まるという嬉しい結果に。

Image title

ミス・ユニバース・ジャパン 2012のファイナリスト、岸本美穂さん

Image title

ヨーグルトにフルーツという典型的に「ヘルシー」な朝食が定番だった岸本さん。
モモさんの指導通りに、品数の多い食事、魚などのたんぱく質をしっかり摂ることを意識することで、体脂肪率が25.8%から21.9%にダウンし、引き締まった身体に。

カロリーを足し算して
美しく痩せる新ダイエット


もちろん、好きなものを好きなだけ食べて、際限なくカロリーオンしてOK!――という夢のようなダイエットはありません。ポイントは、いまあなたが食べている「エンプティカロリー=中身のないカロリー」を「中身のあるカロリー」に置き換えること。菓子パンだけ、パスタだけ、野菜サラダだけ、といったエンプティカロリーな食事では、きちんと代謝し、燃焼する身体はつくれません。筋肉をつくるたんぱく質、脂質や糖質を代謝させるビタミンB群といった「中身のあるカロリー」なら、“溜め込まない身体”をつくってくれるのです。
「では具体的に何を食べればいいの?」という人に、モモさんがおすすめするのは、自宅にストックしておける「美人食材」。それが、鮭フレーク、ツナ、しらす、納豆、かつお節、卵といった、たんぱく質やミネラル豊富な食材です。調理に手間がかからないので、いつもの食事にプラスするだけで、手軽に「中身のあるカロリー」がオンできます。

Image title

朝食には、卵かけごはんに、ツナ、しらす、たらこなど栄養価の高い食材をお好みでオンした「on&on卵かけごはん」。

Image title

夜食には、ごはんに鮭フレークやかつおぶしなど、ストックしてある「美人食材」をのせるだけ。パパッとできる「くずし豆腐丼」。


美人食材を取り入れた朝食や夜食のレシピは、モモさんの新刊『美人の食卓は1日2000kcal~人生をキラキラさせる“足し算”ダイエット』(講談社)をチェック!
他にも「朝食に飲むならスムージーよりココア」「食物繊維を食べても便秘が解消しないときは」「一食5色」など、美人オーラを身につけながら自然とダイエット体質になれるルールが満載です。

美人の食卓は1日2000kcal ~人生をキラキラさせる“足し算”ダイエット

細川モモ『美人の食卓は1日2000kcal
~人生をキラキラさせる“足し算”ダイエット』(講談社)
定価:1300円(税別)
ISBN978-4-06-220018-9
撮影:青砥茂樹

AMAZONボタン

http://www.amazon.co.jp/

楽天BOOKS

http://books.rakuten.co.jp/