1. 別れられる女、別れられない女

斎藤薫の美容自身2

2015.04.23

別れられる女、別れられない女

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

別れられる女、別れられない女

"フラれそうになった女"は、相手を心底愛していると思いこむ。しかしそれは99%幻想。

離婚は、結婚の何倍ものエネルギーを使うと言われるのと同様、恋に落ちるのは一瞬でも、その恋を終わらせるのには、膨大な時間がかかる。だから女の人生は、“出会い方”より、むしろ“別れ方”で決まると考えるべきなのだ。つまり“人との別れ方がスマートな女は、大きな浮き沈みなく人生を歩いていくが、別れ方がヘタだと、どうしても人生スムーズにはいかない、ということなのである。別れ方はその人自身がクリエイトするものだけに、不思議にいつも同じ別れ方。いつもだいたいサバサバ別れる人もいれば、いつもだいたいドロ沼になる人もいる。だからこそ、自分なりの別れ方が運命を大きく左右してしまうのだ。

そう、別れ方がヘタな女っているもの。付き合っている時はじつにまともで賢い女が、ひとたび別れ話が出ると、別人のように“厄介な女”になってしまうことって、少なくないのだ。いくら引っぱっても関係が元に戻ることはほとんどないのに、引っぱってしまう、だから終わった時の喪失感も大きい。消耗度も半端じゃないのである。その結果、次の恋には“もっと執着してしまう。“別れるのがヘタな女”は、ますます別れられない女となっていくのである。たぶんダメになった時に誰もが感じる「私の大事な3年間を返してちょうだい」みたいな気持ちが、次の恋愛では「今度こそわずかな時間もムダにしてなるものか」と思うから、もっと執着するのだろう。

しかし、そういう人はだいたい大きなカン違いをしている。自分はこんなに彼を愛しているのに、こんなに彼を必要としているのに……そう思い込んでしまうことである。“別れるのがヘタな女”はみんなそう。相手を好きで好きでたまらないと思っている。だから別れられないのだと。でも、たぶん離れてみればわかるだろう。なんであんな男にあんなに執着したのだろうって。