琉球風水志・シウマの“数字の魔法”

目覚まし時計のセットを変えるだけで運気アップ!?【日常生活の数字の魔法】

2020.12.30

目覚まし時計のセットを変えるだけで運気アップ!?【日常生活の数字の魔法】

テレビやラジオなどメディアでご活躍中の琉球風水志・シウマさん。先週に引き続き2回目となる今回は、日常生活に取り入れるだけで簡単に運気をアップできる方法を伺いました。新年に向けて、新しい習慣として取り入れてみてはいかがでしょうか?

目覚まし時計のセットを変えるだけで運気アップ!?【日常生活の数字の魔法】

テレビやラジオなどメディアでご活躍中の琉球風水志・シウマさん。先週に引き続き2回目となる今回は、日常生活に取り入れるだけで簡単に運気をアップできる方法を伺いました。新年に向けて、新しい習慣として取り入れてみてはいかがでしょうか?

風水って難しそう、と思っていませんか?

風水と聞くと、「○○を南向きに置くと良い」「財布は黄色にすると金運アップ」など、一見簡単そうですが実際に日常生活に取り入れようとすると、「黄色の財布はちょっと派手だな……」というように、少し抵抗があるという人も多いのではないでしょうか。ところがシウマさんが教える琉球風水は、このような風水の基本的なルールはありつつも、「財布は自分の一番気に入ったものを使うのがベスト」のように、無理をしないことが一番。さらに、この琉球風水に数字を絡めた独自の「数意学」を使ったのが、シウマさんオリジナルの運気アップ法なのです。

アラームはキリのいい時間でなく、01分にセットする

さて、日常生活の中でも取り入れやすいのが、毎日セットするアラームの時間について。アラームをセットする際、ほとんどの方は「7:00」や「7:30」など、キリのいい時間にしていると思います。しかし実は、0という数字は「無」を表す数字のため、1日の始まりにはあまりふさわしくないのです。朝から気持ちのいいスタートダッシュを切るには「7:01」「7:31」など、1を使ったほうが良いのです。1や11、21、31など1系の数字は物事の始まりと相性の良い数字で、まさにアラームにぴったりなのです。

家を出る前にはその日の目標を3回唱える

「今日中に絶対に終わらせなければならない仕事がある」「今日は勝負デート!」というように、その日達成したい目標がある時には、家を出る前にその目標を3回口に出して唱えるようにしましょう。3は希望を叶えてくれる数字であるほか、「明るさ」「元気さ」という性格もあるため、出かける前にはぴったりの数字なのです。また、目標を口に出すことで心が落ち着きますし、気持ちの整理にもなって一石二鳥です。

外で嫌なことがあった日は7分の足湯デトックス!

会社で上司に嫌味を言われたり、電車で知らない人に舌打ちをされてしまったり、日常生活では理不尽な出来事がたまに起こりますよね。そんな時はお風呂で7分間、足湯に浸かってスッキリしましょう。7には、「切り離す」という性格があり、さらに琉球風水において足は排出を意味しています。そのため足を洗うことでデトックスにもつながるのです。足湯は塩と日本酒で清めるとより良いとされていますが、入浴剤やバスソルトでも代用できますよ。

【プロフィール】

シウマさん

シウマ
1978年生まれ、沖縄県出身。母の影響で琉球風水を学び始めた後、独自の「数意学」を考案。これまでにのべ10万人以上を鑑定し、多くの企業経営者や著名人から支持を得ている。現在は『突然ですが占ってもいいですか?』(フジテレビ系)などのメディアに出演中のほか、10月には著書『琉球風水志シウマが教える 身の回りをパワースポットに変える数字の魔法』を発売し、話題となっている。

【書籍情報】

琉球風水志シウマが教える 身の回りをパワースポットに変える「数字の魔法」

『琉球風水志シウマが教える 身の回りをパワースポットに変える「数字の魔法」』 ¥1300(講談社)シウマ

Edited by VOCE編集部