1. そこでもう一度考える、"いい男の見分け方"

斎藤薫の美容自身2

2015.04.23

そこでもう一度考える、"いい男の見分け方"

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

そこでもう一度考える、

女を末長く愛してくれる、女にとって"理想の男"は、"女を尊敬できる男"である。

だいたいが、“三高男”も“三低男”も、理想の選択ではないこと、女たち自身も充分わかっているはずだ。と言うのも、女はみんな子供の頃から、潜在意識の中で“王子さま待ち”してる。王子さまとは、“シンデレラ”にも“白雪姫”にも“人魚姫”にも、なぜか必ず登場してしまうハッピーエンドの切り札。しかし大人になるにつれ、そこに現実味がないことがわかってくるから、今度は一転、理屈に走る。自分を幸せにしてくれる条件を箇条書きにする。理屈抜きの理想を捨てて、割り出した条件がかつての“三高”だったわけだが、十数年を経て新たに提唱された“三低”は、諦めだらけ。どうせ“理想の男”になど出会えるはずがないという諦めがもたらした条件……。

でも本当に理想は叶わないのか?そもそも理想の男が“王子さま”の姿なんか借りているから、話がややこしくなるのであって、私たちの理想って、本当はもっと身近なものなのじゃないか?“三低”や“B専”など、理想が低くなるばかりの今こそ、女にとっての“理想の男”を、私たち女はもう一度定義し直すべきなのである。「この人といると、自分がいちばん“自分らしく”いられるんです」。結婚が決まった女性の、3人に2人はそう語る。一見わかりやすいが、よく考えるとじつに曖昧。“いちばん自分らしくいられる”って一体どういうことか、ちょっと突っ込んで考えてみた。

自分らしくいられるって、もちろんひとつには疲れないこと。ラクであること。でももっと重要なのは、自分がいちばん“好きな自分”でいられるってことではないのか?男によって女は変わる。心優しい正しい女性にもなれば、悪態ばっかりついている間違った女にもなってしまう。私たちが考えている以上に、女は男しだい。ただしそれは“男の思い通りの色に染まる”のではなく、女はもともといろんな側面を持っていて、男の出方や相性によって出てくる顔が違うのだ。天使が出てくるかと思えば、悪魔が出てきたりもする。自分でもそれをコントロールできないのが、男の前での女なのだ。