1. 悪い子じゃないんだけど……な女

斎藤薫の美容自身2

2015.04.23

悪い子じゃないんだけど……な女

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

悪い子じゃないんだけど……な女

じつは世の中、"悪い子じゃない人"の集合体。許しを許されて社会を作っている。

「あの子、悪い子じゃないんだけどね」 女たちの間で、時代を問わずとてもよく使われる表現である。欠点はあるけれど、性格は悪くない。根性が曲がっていたら、救いも何もないけれど、性格は悪くないから、社会は彼女をぜったい切り捨てるわけにはいかない。それだけに困ったね……という戸惑いがそこに隠されている言葉。たとえば、人の悪口の多い女も、そこに悪意がたっぷり含まれていたら、たちまち切り捨てられるのだろうが、そのギリギリ手前で止まっているタイプっている。

自己中心で、わがままだけれど、根性は悪くないから憎めない、みたいなタイプもここに当てはまるのだろう。わがままにもさまざまなレベルがあり、ある一線を超えたとたん、“悪い子”になるが、その境界線はと言えば、同じように罪に問われても、家政婦に傷害で訴えられたナオミ・キャンベルは許されず、車の無免許運転で捕まったパリス・ヒルトンは心情的に許されてしまう、みたいなこと。“自己中”系は、一本抜けているから憎めないこと、が重要なのである。また自己中心系にはもうひとタイプあり、ひとりで何でも仕切っちゃったり、強引に何かを決めちゃったり、スタンドプレーが目立ったり。すごくきついけど悪い人じゃない人、厳しいけど悪い人じゃない人……と職場は“悪い人じゃないけど、な女”のオンパレードと言ってもいい。