1. いい子なんだけどね……な女

斎藤薫の美容自身2

2015.04.23

いい子なんだけどね……な女

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

いい子なんだけどね……な女

わがままも、身勝手も、そして"男性"性も男には魅力的にうつっている。

“悪い子じゃないんだけどね……”と“いい子なんだけどね……”は、一見同じ意味にも思えるが、じつはそこに決定的な違いがある。前者は、主に女たちが使う表現。後者は、逆に男たちが使う表現で、“いい子なんだけどね”と男に言われる女は、女としての魅力に今ひとつ欠けるのだ。私たち女も、男に対して同じような表現を使うから、そのニュアンス、とてもよくわかる。「いい人なんだけど、でも何も感じない」「いい人なんだけど、男として見られない」。男が言っている“いい子なんだけど”も同じ意味で、女として何も感じない女を指す。

ただし、美人じゃなかったり、スタイルが悪かったり、また単に色気に欠ける女を“いい子”と呼ぶわけじゃない。そして、額面通り受け取ってしまえば“性格がいいこと”になるし、半分は誉められた気分になるのかもしれないが、異性間で使われる“いい子”“いい人”は、もっとクセものだって知っていてほしい。私たちが異性に対し、“いい人”と言う場合、単に“男を感じない”だけじゃない。もっと“何かが足りない”という印象があるはず。たぶんいろんな意味で物足りない男に対し、私たちは“いい人”を使うのである。

男たちも同じ、単に“女を感じない”だけじゃない。人としても何かもうひとつ足りないタイプをひとまとめにして、面倒臭いから“いい子”と呼んでしまうのではないのか。ひとつだけ確かなのは、“多少の悪さ”がのぞくくらいのほうが、男はそこに女を感じるということ。これも、女にはわかる。どこかにひとつまみの悪の匂いや危うさみたいなものがのぞいたほうが、男としてのみならず人としての魅力を感じるものだけど、男にとっても同じ、清廉潔白なだけではない“何か”を潜ませた女なら“いい子”ではすませない。ちゃんとそのアイデンティティを認めるはずなのだ。

ちなみに、男が女に性的魅力を感じるのは、“女性ホルモン”に対してではなく、驚いたことに女の中の“男性ホルモン”に対してなのだという説が、今大きな注目を浴びており、それも、男だけがもつ“戦う本能”を一部刺激されるからではないかという見方がある。もともと、あまりに心優しい子羊のような女より、なかなかなつかず、時には反発して牙をむく、ある種御しがたいヒョウのような女のほうが男の征服欲を刺激すると言われるけれど、それもまた同じような意味なのだろう。男に歯向かうくらいの女のほうが、男の闘争本能を刺激するのは確かで、そういう女の中の反抗心みたいなものは、女も分泌している“男性ホルモン”から生まれているものと考えると、これはつじつまが合う話。気の強い女や一筋縄でいかない女、ちょっと生意気な女のほうが、むしろモテたりするのは、すべて“男性ホルモン”が男を呼び込むからなのだ。