1. 女の正念場とはいつか?

斎藤薫の美容自身2

2015.04.23

女の正念場とはいつか?

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

女の正念場とはいつか?

何事も起こせない人を世の中は、"主役"にしない。"力ある人"だけに逆境は訪れる。

正念場……言うまでもなく”ここぞ”という大切な場面。しかしいっぱいいっぱいの生き方をしていなければ、まずやってこないもの。だから、自分には無縁、と思っている人も少なくない。だいたいが私たちはそこにあまりプラスの意味を見ていない。”ガケっぷち”とか、”どたん場”みたいな意味にしか捉えていないはず。”苦境に立たされた時どうするか?”それを正念場と考えるから、みんな自分をわざわざそこに置きたくないのだ。苦境にまで自分を追い込んでいかなければ、正念場に立たされることはないわけで、もっとふんわりとゆっくりと生きていたい。少なくとも今はそういう時代。

でも”正念場”の本当の意味を知ると、そうやって逃げてもいられないって気づくだろう。そもそも”正念場”とは、歌舞伎や浄瑠璃から生まれた言葉で、厳密に言うなら、登場人物が持っている本当の性格を発揮して何らかを訴える、いちばん重要な場面。転じて、その人の真価を問われる場面という意味になるわけだが、だから英語にはぴったりの言葉がない。英語に訳すと”危機の時”みたいな意味になってしまうのだ。

むしろ自分の魅力や存在価値を見せつける場面、だからプラスの意味合いをそこに感じてみてほしいのだ。逆を言うなら、人には一度や二度の”正念場”が必要で、ここいちばん自分の価値を世にアピールする場面があってしかるべきなのじゃないか。たとえ”逆境”に置かれても、そういう時こそ、自分の魅力や実力を世間に認められるチャンスと考えるのが”正念場”だってこと。

それまでどんなに自信に満ちていた人でも年齢なのかバイオリズムなのか、ふとした拍子に”失速感”みたいなものを感じて、急に自信がなくなったりする。そういう時、偶然か必然か、さて自分はどっちへ行こうかという”大きな迷い”も一緒に押し寄せてきて、何が何だかわからなくなってしまいがち。一般の人にはあまりない感覚だろうが、芸能人で言えば”落ち目”の自覚?でもどんなに若くても人には必ずそういう時が来る。スランプと言ってもいいし転機と言ってもいい。でもそれをチャンスと見る見方もあるということなのだ。