連載 齋藤薫の美容自身stage2

リトル・チルドレンな女たち

公開日:2015.04.23

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

女の幼さには2種類ある。愛される無邪気と、全然カワいくない邪気と。

世界的には絶讃された映画が、日本では不発に終わること、決して少なくない。『リトル・チルドレン』という映画は、オスカーで3部門、世界中で約50もの映画賞にノミネートされた“傑作”ながら、わりにふつうの人々のちょっとした出来事をリアルにリアルに描いた内容。こういう映画に対し、日本人はだいたい同じような反応をする。「ちょっと物足りない」「何を言いたいのかよくわからない」

この映画にも似たような反応が出てくるかもしれないと感じたのは“リトル・チルドレン=大人になりきれない大人たち”として描かれた人々が、とても普通に見えたから。脇を固める“リトル・チルドレン”たちは別として、いわゆるW不倫に陥る主人公の女と男は、一見それほどの“子供”には見えない。こんな大人、そのへんにいっぱいいる。それがあまりにリアルに描かれているからこそ、日本人には“主題”が見えにくいのではないかと思うのだ。でも今度ばかりはわからなくてもいい気がする。日本人はもともと“気質的”にリトル・チルドレンな要素を持っている。一見とても理性的な大人に見えるけれど、その裏返しのように幼さを心の内に秘めている。あらゆるジャンルにオタクが存在し、大人もマンガを読む国……。ひとつのことに凝りまくり、だからいろんなものをオリジナルで生み出してきた。しかしながら“お行儀のいい他人に迷惑をかけない子供っぽさ”だから、許されてしまうのが日本人の幼さ。

でもそれが愛すべき人格の基礎にもなっている。むしろどういう“幼さ”を持っているかが、それぞれの個性であり魅力。一見ちゃんとした大人に見える女が秘めた小さな幼さ、それがそのまま女としての魅力に見えている気がしてならないのだ。

むしろ、その子供っぽい部分を上品に混ぜ合わせることが“キュート”の極意であり、大人BUTカワイイのキモ。“大人カワイイ”はなにも、ファッションだけのキーワードではない、大人の女の魅力のバランスシートには絶対必要な要素なのである。つまり大切なのは、そのサジ加減、チルドレンが過ぎたら話にならないからこそのリトル・チルドレン。人に迷惑をかけないひとさじの子供っぽさをバランスよく加えてみたいのだ。

平凡な子持ちの専業主婦が、子供を遊ばせる“公園”で、司法試験を受けるために“主夫”している子持ち男と恋に落ちる。しばらくのプラトニック期間を経て、一線を越えてからは一気に燃え上がり……というストーリーだから。別にふつうじゃない?とそう思った人が少なくないはずなのだ。というより、そこで一線を越えてしまわない、理性で恋心を押さえ込むのが大人なら、大人ってなんだかつまらないね、とそう思うのが今の女。当然のように、この主婦は恋をするほどにキレイになっていく。大人の女がそうやってキラめくのは、むしろ大人になりきらない行動をとる時ではないかと思うほどこの映画は、“今ある幸せ”に気づかずに別の幸せを求めてしまう人々をもリトル・チルドレンと呼ぶが、むしろ“幸せになるために何らか行動を起こした時”、たぶん女はいちばん生き生きし、キラキラする。だから子供っぽくて結構。

しかしこの映画には、もうひとりのリトル・チルドレンな女が登場する。不倫相手の妻である。美人で有能なキャリアウーマン、司法試験を受けさせるためとは言え、夫に“主夫”をやらせているデキる妻は、一見ひとり大人っぽく見えるのだが、夫が浮気しているかもしれないと疑い始めたとたん、自分の母親に夫を四六時中見張らせる。姑に日中ずっと監視されている夫は、もう限界と思って、不倫相手との“駆け落ち”を決意するのだ。結局のところ、この有能美人妻もその母親も、やっぱりリトル・チルドレンだったというのが、ひとつのオチ。そしてこの有能美人妻の幼さは、幼いのにカワいくないからおすすめできない。

子供の頃をちょっと思い出してみてほしい。自分の中にも、子供の心が2種類あったはず。もっと楽しくなりたい、もっと誰かと仲良くなりたい無邪気な子供心と、影で誰かに意地悪したり、のけものにしちゃうちょっと残酷な子供心が共存していたはず。このヒロインを仲間外れにする“公園に集まる母親たち”も、後者のリトル・チルドレンとなるわけで、女の幼さは見事にパッカリふたつに分けられるのだ。

大人になったら、無邪気と邪気、2つの幼さをきっちりと2つに分けて、負の幼さはしっかり封印しておくべき。残していくべきは、楽しくなりたい、誰かと仲良くなりたい無邪気さ。そこをクリアしたリトル・チルドレンは、たぶんどこに行っても愛される。子供の心って、本来は無条件に愛されるためにあるのだから。さあ、自分の中にある幼さはどちらの幼さか、まずはそこを見てほしい。正しい大人になるために。

キレイになりたい女は、みんなリトル・チルドレン

ニュースが“被害者は30代・女性……”と伝えると、自分が36歳でも、ずっと年上の女をイメージしてしまう。32歳の女でさえ、なんだ、オバサンじゃないの? と思ってしまう。もちろん次の瞬間、自分も同年代であるのに気づいて、ちょっとだけガク然とする。あなたもその繰り返しなのじゃないか?じつは今、多くの女性が自分の年齢よりも約7歳マイナスした年齢の自覚しか持てないのだという。それも年齢観だけは昔のままで、だからニュースで30代と聞くと、いつも昔の30代をイメージし、自分とはかけ離れてしまうというのだ。

しかしその年齢観のズレが、美容上とってもよろしいという話をしよう。女はそれこそ時々、自分の年齢を本当に忘れてしまう。26だか27だか28だか忘れてしまう。あるいは32だか33だか忘れてしまう。しかも、自分が潜在意識の中だけで思い込んでいる“自分の年齢”というのがあって、不思議なことに、美容やオシャレでまったく無意識にその年齢の女を作っているらしいのだ。確かに私自身も、服選びの時やメイクの時に、うっかり28歳くらいの女をイメージしてしまっている。実年齢などもうどこか遠くにふっとんでしまっている。まあ見事なリトル・チルドレン。でもそれも美容。頭に不意に浮かんだ年齢をそのまま描くと、美容は本当にうまくいく。

Edited by 齋藤 薫

公開日:2015.04.23

Serial Stories

連載・シリーズ