1. 今一番なりたいのは“おいしそう肌”! トレンドの肌質感は、うるしっとり♡

2016.04.23

今一番なりたいのは“おいしそう肌”! トレンドの肌質感は、うるしっとり♡

肌にもトレンドの質感がある。いま欲しいのは、ただキレイなだけじゃなく、もの言わずしてみんなのハートを思いのままにホンロウする、“おいしそう肌”! それってどんな肌?絶対条件を解説します!

今一番なりたいのは“おいしそう肌”! トレンドの肌質感は、うるしっとり♡

「おいしそう肌」の条件って?

野崎萌香,VOCE6月号,おいしそう肌

うるしっとりがマスト!
おいしそうな肌は、食欲をそそる条件と同じくジューシィであることが不可欠。そのためには、何がなんでもまず保湿です。ただ補うだけでなく、肌自体が潤いをつくり出せて、その潤いを保てる肌に導くことが鉄則。(髙瀬先生・以下同)

そのうえで、くすみのない血色感

優先事項は白さより、まず血色。もちろん、くすみがなく透明感があることは大前提ですが、そこにほんのり血色を感じるような肌が理想的。リンパ詰まりや代謝の低下など肌を滞らせる要素をなくし、常に巡りのいい肌に。

さらに、もちっとした弾力感

目指すべきは、幼稚園児のような肌質感。赤ちゃんほどふわふわではないけれど、適度なハリがあって、ほどよくふんわり柔らかくて。ピーンと張り詰めている感じとは違う、柔軟性のある無防備な弾力感でホンロウ系に。

教えてくれたのは

ウォブクリニック中目黒,髙瀬聡子

監修/ウォブクリニック中目黒 髙瀬聡子先生
確かな技術と丁寧な対応で肌トラブルに悩む多くの女性から絶大な信頼を寄せられている、日本を代表する敏腕女医。

撮影:目黒智子
ヘアメイク:中台朱美/Iizumi Office
モデル:野崎萌香
文:橋本日登美
構成:中田優子

Image title

VOCE2016年6月号
特集 なれるものなら石原さとみ「グッとくる美人!」になろう
詳しくは→http://i-voce.jp/magazine/magazine_voce/