1. 多趣味な女は幸せか?

斎藤薫の美容自身2

2015.04.23

多趣味な女は幸せか?

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

多趣味な女は幸せか?

多趣味になるのは、自分の人生に迷いがなくなってから。でないと人生が取っ散らかる

“多趣味な女は幸せである”なんて、言うまでもないこと。趣味とは、すなわち“人生を楽しむ行為”であり、幸せでないはずはない。でもこんな人がいた。お菓子づくりにフラワーアレンジメント、お習字にフラダンスにゴスペル、そして韓国語と、1週間をほぼべったりお稽古事に費やしていて、それでもまだ足りずに次は何をするべきかを考えているという人が。ちょっと不可解に思って、もう少し突っ込んだ話を聞いた。彼女は、31歳。有名大学を卒業して上場企業に新卒入社したものの、2回ほど転職していて今はハケン。それもお稽古事が忙しくなったから、割り切れる仕事に変わったのだという。

そこまで趣味に生きるようになったのは、たぶん趣味を趣味で済ませなくなったから。世の中、趣味が趣味では済まなくなり、気がつけばそれを生業とする人も少なくない。またそれは、突き詰めていくと“女の夢”。何となく始めた趣味が、一生の仕事になっていくというのは、確かに美しい。もちろん“手に職”あってのことで、“ふつうのOL”から脱出する、それはたったひとつの道だから。就職するまでは、試験に通ることが人生のテーマになっていて、趣味を仕事にしようという発想そのものがなかったりする。それがイザ就職してみると、アレレと思う。これが私の一生の仕事?そこで初めて、自分の一生の仕事を慌てて探しはじめるという人が、多いのじゃないのか?

だから、その足がかりとしての“趣味”に一生懸命になる。でも当然のことながら、そう簡単に趣味は仕事になってくれない。始めてみたからわかる“奥の深さ”と、同じことをやっている人の多さに打ちのめされ、こりゃダメだわと我に返る。そういう意味で今、いつかは仕事にできそうな趣味の人気No.1がネイルアートなのだとか。それが少し前はヨガやピラティスのインストラクター、さらに前はお料理教室の先生の時代もあったりした。新しい職業に人気が集中するのは、とても単純にライバルが少ないから。趣味を仕事にする上では、確かにとても大切なことである。