1. 無趣味な女は幸せか?

斎藤薫の美容自身2

2015.04.23

無趣味な女は幸せか?

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

無趣味な女は幸せか?

「私は無趣味」って胸を張れるだけの自信がある人に趣味はいらない。

今をときめくマリンビスト三村奈々恵さんが、あるインタビューに答えてこんな話をした。皮肉なことに、子供の頃から夢見てきたマリンバでの成功を手にし、脚光を浴びているさなか、夢が叶ったはずだったのに、これが自分の望んできたことだったのか?と激しい虚無感におそわれたというのである。夢が叶ったとたんに、情熱を失う夢とは質が違う。なぜこの人は、突然苦しむことになってしまったのか?じつはその苦しみから解放されたのは、街を歩いていた時。街路樹の葉が光を受けて、とても美しく見えた瞬間、「ああ、私は生きているんだ!」と思い、もやもやが一気に晴れたというのである。凡人にはなかなか理解できないけれども、要は幼い頃から毎日毎日マリンバを上手に弾くことしか頭になかったから、日常的に目にする風景の美しさにさえ今まで心をとめることがなかった。

逆に夢を叶えたから心のゆとりが生まれ、やっとそういう何気ない日常を生きている自分を見つけることができたわけだ。だから、あらためて今の自分の境遇に満足できるし、マリンバで生きていけることを幸せに感じられたのだろう。そこまで聞くと、何となくわかってくる。まだ自分の進むべき方向が決まらない人には、子供の頃から“ひと筋”に打ち込めるものがある人がとてもうらやましいが、ずっとひとつのことに打ち込んできた人は、街路樹の佇まいにも感動してしまうほど、心が一点に集中していたわけだ。悲しいほどすごい集中力。とてつもない緊張状態。この人には、趣味と呼べるものがこれまでひとつでもあったのだろうか?とふと思う。趣味もマリンバですと言ったかもしれないが。「趣味はありません。今は趣味なんか持っていなくてもいい。ないほうがカッコイイと思うし……」そう言ったのは、めざましい活躍を見せる歌舞伎役者だった。