1. 今よりずっとパッチリ美しく!目を大きくする骨格矯正術【ビューティQ&A】

2016.04.30

今よりずっとパッチリ美しく!目を大きくする骨格矯正術【ビューティQ&A】

土曜日の【ビューティQ&A】は、美容術! 『アチェ by スタイルM』代表・アンチエイジングデザイナーの村木宏衣さんが回答してくれました♪

今よりずっとパッチリ美しく!目を大きくする骨格矯正術【ビューティQ&A】

Q:整形をしなくても目を大きくできるって、どういうこと!?

A:骨格の歪みによって目が小さくなることをご存じですか? たとえば、スマホを見る時の姿勢や猫背など姿勢の悪さは、前頭骨が下がる原因になり、目元を圧迫します。そうなると、目元がクシャッと縮こまったような印象になったり、むくみが出やすい状態を招き、目を小さく見せてしまうのです。

スマホを日常的に使っているなら、本来のサイズより目がずっと小さくなっている疑いがあるということ。もしそうなら、“顔筋整骨”でリセットするだけで、印象的な瞳を取り戻すことができるのです。


Q:ズバリ目を大きくする方法を教えて!!

A:まずは、目まわりの骨を広げて目をパッチリさせる方法です。

村木宏衣

① 親指の腹を目のくぼみ(眉下にある骨の下)に当てて、それ以外の4本の指を写真のように頭に添える。

村木宏衣

② ①の親指の上に反対の手の親指を重ね、眉下にある骨を押し上げるようにします。
(この時、頭に添えた4本指に親指を近づけるようにして圧をかけていきましょう)

親指を当てる位置は、眉頭の下、眉中央の下、眉尻の下の3カ所。
息を吐きながら3カ所を5回ずつ押し上げていきます。

つぎに目のまわりのむくみをスッキリ整え、パッチリさせるメソッドがこちら。

村木宏衣

テーブルに肘をつき、人差し指を写真のように折り曲げたら、第二関節の平らな部分を眉に沿わせるように当ててください。頭の重みを手にかけるようにして眉に圧がかかっているのを感じながら、「うんうん」と10回繰り返します。


撮影:石澤真実