1. 別れる理由

斎藤薫の美容自身2

2015.04.23

別れる理由

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

別れる理由

自分を好きになりすぎる…… 自分しか愛せない…… 別れる理由としてそれは正当だ。

ついに日本も、3組に1組が離婚するという国になった。よく考えるとすごい確率だ。私たちはこれまで、“芸能人はすぐくっついて、でもすぐ別れる”と思っていたが、今やむしろ芸能人の離婚率を一般人が上回りそうな勢い。ふと、“なぜだろう”と考えた。まず浮かび上がるのは“自分好き”の時代ということ。芸能人同士の離婚が多いのは、言うまでもなく両方が“主役”で、お互いが自分を中心とした家庭を作ろうとするから……一般人同士にも同じような意識が生まれているのではないかと。

女もちゃんと経済的な基盤を持ち、ひとりでも食べていけるし、夫より収入が良かったりするケースも多々あって、当然と言えば当然。そこに“自分大好き”というファクターが加わってくると、それこそ“自分の世界”の領域争いが起きてくる。いや、“自分好きであること”そのものには、何の問題もないのだ。でも、“相手より自分のほうが好き”ということが前面に出てきてしまうと、やっぱりまずい。もちろんみんな、究極的には“自分がいちばん好き”なのだけれども、生涯のパートナーに関しては、どこか心の一部分でも自分以上に好きなところがないとまずいのだ。“結婚できない女”には逆に“自分大好き”の人は少ないという。自分を正しいと思いすぎるきらいはあっても、いわゆる自分大好きのタイプではない。だって、自分好きなら、幸せな結婚に自分を早く持っていくことを優先し、そのためには努力も惜しまない。相手への妥協だっていとわないだろう。だから、自分好きは多くが早々と、比較的“良い結婚”をしているものなのだ。

ふつうは、“結婚生活”自体が期待通りのものにならなくても、より“相手を好き”という気持ちがあれば、それで心が埋まってしまう。みんなそうやって納得してきている。自分の人生の選択を、これで良かったと思える“落としどころ”は、最後の最後で一部分でも自分よりも相手のほうが好きと思えること、そこだと思うのだ。

ところが“自分大好き”は、望んだものをくまなく相手が与えてくれ、なおかつ自分が十二分に愛されていないと、“イメージした結婚と違う”と思ってしまいがち。だから自分好きすぎると、かえって人は幸せになりにくい。相手より自分を好きなことが、別れを言い出したり、別れを切り出される理由の筆頭にあげられてしまうのだ。  逆を言えば、“自分しか愛せない男”とは別れていい。一緒の時間が増えていけばいくほど、女は深くキズついていくからだ。