1. 別れない理由

斎藤薫の美容自身2

2015.04.23

別れない理由

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

別れない理由

彼が電球を替えてくれる瞬間、"一生の縁"を感じたりする。別れない理由ってそういこと。

“別れない理由”には、じつは間違った判断がつきもの。誰から見ても別れたほうがいい相手なのに、どうしても別れられずにいる恋愛って決して少なくないはずなのだ。

まずは「この人と別れてしまったら、私は一生ひとりかもしれない」と思ってしまうケース。おそらくこれはとても多くの人が経験しているはずで、“ひとりになってしまうのがコワイ”という、わりにひとりよがりな発想。自分の身を守ろうとする防衛本能で、打算的とまでは言いにくいが、別れたほうがいいのがわかっていながら、ひとまずこの人でつないでおきたいと思っているわけだから、やっぱりけっこう身勝手な判断。だってもし、今このタイミングで“別の誰か”が現れてしまったら、たぶん何の躊躇もなく、とっとと別れてしまうのだろう。ひとりになる勇気がないだけなのだ。

でも、別れない理由としてこっちはまだ全然まし。そして断っておくなら「この人と別れたら一生ひとりかもしれない。誰も現れないかもしれない」というのは、幻想にすぎない。ちゃんと恋をして、ちゃんと恋人ができて、ちゃんと誰かと付き合っていた人は、次の恋もちゃんとある人。考えてみてほしい。男と女はアダムとイヴの昔から、ほぼ同じ数だけいるのだ。誰も現れない、なんてありえない。それは、家の中でなくしたネックレスを、探さずに諦めてしまうようなもの。それって女として怠慢すぎないか。逆を言えば、その恋をやめない限り、次はない。やめなければ、一生次はないということ。それがわかってしまえば、“ひとりになるのがコワイから”なんていう理由は、どこかへ吹き飛んでいくはずなのだ。だからこっちはまだいい。問題なのは、もう自分を愛していない男を“偉大な男”と思ってしまうケースである。フラれそうになるほどに“自分にとって、これ以上の人はもう二度と現れない”と思ってしまうケース。

それは、典型的な恋愛感情のシーソーゲームがもたらす錯覚だ。追いかければ逃げられる、逃げれば追われる……どんなに分別のある男と女の間にも、大なり小なり生まれてしまうシーソーの関係。そこに生まれる感情はすべて錯覚なのだけれど、片方の心変わりによって、最大級の錯覚が生まれてしまう。自分にとってこの人こそ理想の男で、もうこの人以外見えなくて、たぶんこの人なしでは、私は生きてはいけないとまで思ってしまう。まったくそんなことはないのに、大間違いなのに、そんな大それた思いこみをしてしまう。それは“別れない理由”としては最悪のものだと思うのだ。