連載 齋藤薫の美容自身stage2

別れない理由

公開日:2015.04.23

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

彼が電球を替えてくれる瞬間、”一生の縁”を感じたりする。別れない理由ってそういこと。

“別れない理由”には、じつは間違った判断がつきもの。誰から見ても別れたほうがいい相手なのに、どうしても別れられずにいる恋愛って決して少なくないはずなのだ。

まずは「この人と別れてしまったら、私は一生ひとりかもしれない」と思ってしまうケース。おそらくこれはとても多くの人が経験しているはずで、“ひとりになってしまうのがコワイ”という、わりにひとりよがりな発想。自分の身を守ろうとする防衛本能で、打算的とまでは言いにくいが、別れたほうがいいのがわかっていながら、ひとまずこの人でつないでおきたいと思っているわけだから、やっぱりけっこう身勝手な判断。だってもし、今このタイミングで“別の誰か”が現れてしまったら、たぶん何の躊躇もなく、とっとと別れてしまうのだろう。ひとりになる勇気がないだけなのだ。

でも、別れない理由としてこっちはまだ全然まし。そして断っておくなら「この人と別れたら一生ひとりかもしれない。誰も現れないかもしれない」というのは、幻想にすぎない。ちゃんと恋をして、ちゃんと恋人ができて、ちゃんと誰かと付き合っていた人は、次の恋もちゃんとある人。考えてみてほしい。男と女はアダムとイヴの昔から、ほぼ同じ数だけいるのだ。誰も現れない、なんてありえない。それは、家の中でなくしたネックレスを、探さずに諦めてしまうようなもの。それって女として怠慢すぎないか。逆を言えば、その恋をやめない限り、次はない。やめなければ、一生次はないということ。それがわかってしまえば、“ひとりになるのがコワイから”なんていう理由は、どこかへ吹き飛んでいくはずなのだ。だからこっちはまだいい。問題なのは、もう自分を愛していない男を“偉大な男”と思ってしまうケースである。フラれそうになるほどに“自分にとって、これ以上の人はもう二度と現れない”と思ってしまうケース。

それは、典型的な恋愛感情のシーソーゲームがもたらす錯覚だ。追いかければ逃げられる、逃げれば追われる……どんなに分別のある男と女の間にも、大なり小なり生まれてしまうシーソーの関係。そこに生まれる感情はすべて錯覚なのだけれど、片方の心変わりによって、最大級の錯覚が生まれてしまう。自分にとってこの人こそ理想の男で、もうこの人以外見えなくて、たぶんこの人なしでは、私は生きてはいけないとまで思ってしまう。まったくそんなことはないのに、大間違いなのに、そんな大それた思いこみをしてしまう。それは“別れない理由”としては最悪のものだと思うのだ。

そしていちばん厄介なのは、相手を吟味に吟味した結果、心底相手に惚れてしまう、言わばまっとうな恋愛と一緒くたになってしまうことなのだ。この人以外いないと思うのは、相手が逃げようとしているからじゃないか。そこを自らに問い直してみよう。ハッキリ言って、逃げていこうとしている男を、自分にとって最高の男だと思えるほど、人間寛大ではない。そこをもっと冷静に見極めること。

「夫婦間の愛情というものは、お互いがすっかり鼻についてから、やっと湧き出してくるもの」という説がある。好きで好きで仕方がない時は、相手の真実など見えやしないということ。こんなことを言った人もいる。あ、この人と一生ずっと一緒にいるかも、ずっと別れないかも……と確信するのは、むしろふとした瞬間。何事も起きない当たり前の日常のひとコマに、ふと感じる種類のものであると。

たとえばの話、彼が自分の家で電球を替えてくれている時や、近所に一緒にお買い物に行った帰り道、あるいはまた夕方テラスに出て一緒にビールを飲む時や、お昼ごはんなのに、やたら時間をかけて食べていたことに気づいた時。つまり小さな幸せに気づいた時、会話が長く長く続いた時にこそ、男と女は“一生の縁”を感じるものなのだ。

別れない理由なんて、所詮はその程度のものにすぎないのである。そういう瞬間を3つ以上重ねた時、彼は自分にとって最高の人かも、という意識が芽ばえていく、それがいちばん自然な形。だって実際いろいろ一緒にやってみなければ、相性なんてもともとわからない。出会ってすぐ、へたをするとその日のうちに、「ずっと昔から知ってるみたい!」と思うことってあるけれど、お互い同じように好意を持てば、お互いが一生懸命相手に合わせようとするから、会話があまりにもスムーズに進んで当然。それもひとつの錯覚って心得てほしい。別れない理由は、恋愛感情が終わってからゆっくり考えればいい。恋してるうちは考えなくていい。そのほうが、女はきっと幸せになれるのである。

女は元の恋人を大嫌いになって別れよう

「女が再婚する時は、先夫をひどく嫌っていたからで、男が再婚する時は、先妻を熱愛していたからである」。そんな格言があって、これを初めて目にした時、なるほどそうかもと、しみじみ思ったもの。男は“別れ”をいつまでも引きずり、別れた女をずっと忘れられないと言うけれど、女は確かに“次の人”と会うと、“前の人”を比較的すっきりと忘れてしまえる。いつまでも引きずること自体がない気がするのだ。そして確かに、吹っ切れているから、次の恋ができる。言いかえれば、前の恋を完全に追い出してしまうまでは、次の人が入ってこないから、女の場合は頭の片隅にでも想いを残してはいけないのである。

だからこそ、いっそ“嫌いになって”別れたほうがいい。なまじ“本当に私にとって理想の人だった”なんていう想いが残ってしまうと、けっこう次が難しい。世の中には、昔の恋人を想い続けて、気がついたら結婚しない人生を選んでいる女の人は少なくない。逆に男は、忘れられない女性がいてもそれを“女性全般への想い”に変えられるから、引きずっているほど次の女もたっぷり愛せると言ってもいい。そこは男と女の体質と脳の違いなんである。

だから、女は引きずらない。せいぜい相手を美化せずに、すっぱり別れよう。身にも心にも、それでこそ幸せはやってくる。

Edited by 齋藤 薫

公開日:2015.04.23

Serial Stories

連載・シリーズ