1. ファイルは小さなものを入れる場合もA4で。

2016.05.03

ファイルは小さなものを入れる場合もA4で。

整理収納アドバイザー兼VOCE編集者・芦田の 整理収納ごろく【PART5】整理整頓が好きすぎて、資格を取ってしまいました。そんなVOCE編集者・芦田が本や実習から学んだ、整理収納に役立つ心構えや実践的収納術をアドバイスいたします。

ファイルは小さなものを入れる場合もA4で。

ファイルは小さなものを入れる場合もA4で。

収納の中でも、大掛かりなことと、細かいことでも時間のかかること、などいろいろありますが、一番楽しいのは、ファイリング作業ではないかと思います。

日本はファイルの種類が本当に多くて、しかも、そうそう!そういうのがほしかったのよ!というファイルが文具屋やネットショップ、百均にたくさんあります。

ファイルはやはり定番のA4サイズですべて考える、というのが基本でしょう。大小さまざまなファイルがありますが、ファイル自体のサイズを変えると実はあまりきれいに収納できません。

Image title

たとえ領収書や小さな保証書、名刺やカードをファイリングする場合も、A4のバインダーやファイルをおすすめします。日本のオフィスツールや家具は、A4に対応しているものが多いので、とても収納しやすくなるはずです。

Image title

収納マニアは、収納ボックスに注意せよ

収納マニアとして一番陥りやすいのが、”収納グッズを買いすぎて収納グッズをしまう場所が必要になる”という最悪のパターンです。

皮肉にも収納好きは、「とても収納しやすそう」という箱を見つけたり、「収納しやすいだろう」とまとめ買いしたファイルなどが、結局家に溢れるという矛盾に悩まされます。

それに気が付いたときに、即すべてを捨てることはできたら理想ですが、そうもできません。やはり、収納ボックスを収納するスペースにも限界を作っておくべきなのでしょう。

そこからはみ出たら、即ゴミ箱行き、と自制しましょう。(反省)

Image title