1. あらためて検証する幸せになる女とならない女

斎藤薫の美容自身2

2015.04.23

あらためて検証する幸せになる女とならない女

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

あらためて検証する幸せになる女とならない女

感性さえあれば、お金もヒマも平凡も貧乏も、すべてを"幸せ"に変えられる。

幸せと不幸せ……。これまで何度となく取り上げてきたテーマである。だって“幸せになること”は、女が人生において最優先すること。突き詰めていけば、キレイになることも、自分を磨くことも、いい出会いもいい恋もいい結婚も、すべては“幸せ”を手に入れるための手段に他ならない。男はあんまり「オレ幸せになりたい」とは言わないから、“幸せになること”は女の本能なのだろう。そんなに重要なことなのに、女たちはまだ幸せになる直接的な方法を掴んでいない。知っているようで知らない。たぶん幸せについては雑多な情報がありすぎるから……。

さて「幸せになるには一体何が必要ですか?」と聞かれたら、たとえばあなたは何と答えるのだろう。美貌?努力?それとも運?それらはいずれも邪魔にはならないが、なんだか決め手に欠ける。絶対に必要なものをひとつだけ、というのなら、むしろここでは“感性”を挙げたいと思う。なぜなら幸せって、本当は“掴む”ものじゃなく感じるもの、感じ続けるものだからである。確かに幸せは“掴む”と表現する。ドラマのハッピーエンドは“幸せを掴む”ところで終わっている。けれどそういう終わり方をした物語は、そのあと一体どうなるのだろうと、いつも心配になる。だって実生活においては、ハッピーエンドなんてありえない。エンドはすべからく死ぬ時で、仮に“幸せを掴んだ”としても掴んだあとそれをどうするかが問題。手のひらの中にある幸せも、一生そのままの形ではない、翌日から“変形し、変質していく”からだ。幸せは達成より継続のほうがむしろ難しいのである。

単に、いつもきれいに着飾って美味しいものを食べて、何でも値札を見ずに買い物ができる生活をイコール幸せとするなら、お金持ちとの結婚こそがゴールとなるのかもしれないが、でも夫が浮気するかもしれないし、子供が遊びほうけるかもしれない。そして何より、そういう暮らしが日常になると退屈だ。“美貌”で掴んだ幸せも、狙いを定めて勝ち取った幸せも、運で舞い込んだ幸せも、そこに到達した瞬間が幸せなほど、それを持続させるのは至難の業。もちろんそれは“平凡な幸せ”も同様で、ほのぼのとした幸せも毎週同じことの繰り返しでは、さすがに飽きてくる。