1. バツ2の男 バツイチとバツ2は、雲泥の差である

斎藤薫の美容自身2

2015.04.23

バツ2の男 バツイチとバツ2は、雲泥の差である

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

バツ2の男 バツイチとバツ2は、雲泥の差である

今、2組に1組が離婚している。長らく「離婚は結婚の10倍大変」と脅されてきたが、今どきの有名人同士の離婚報道はじつにあっさりしていて、ひょっとして離婚は急に簡単になった?なんて思ってしまう。相手をののしるでもなく、離婚原因が涙ながらに語られるでもなく、ドロ沼っぷりも伝わってこない。芸能マスコミもそれをヘタに掘り起こさないあたり、日本もようやく少しオトナの国になりつつあるってこと?あるいはそのくらい離婚が日常化してきたってこと?

実際、今の世の中“バツイチ”がいちばんモテる。妙に成熟して見え、なぜだかモノわかりが良さそうに見えるから。従って、離婚歴はもはや何のハンデにもならず、「戸籍が汚れる」なんて誰も言わない。特に女性は男の目に重たく見えないぶん得。男は希少価値である“大人の独身男”として珍重される。ところがたった1回の違いなのに、バツ2では意味がまるで違ってくるのだ。先だって、わずか2年で“きわめてあっさり”と離婚したカップルの夫のほうがバツ2であった。失礼ながら結婚の時からこれでまたダメだったらバツ3かぁと思った人は少なくなかったはずで、“バツイチ”と“バツ2以上”はそういう意味でもハッキリ一線を画すのだ。

  • 1
  • 2