連載 齋藤薫の美容自身stage2

バツ2の男 バツイチとバツ2は、雲泥の差である

公開日:2015.04.23

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

今、2組に1組が離婚している。長らく「離婚は結婚の10倍大変」と脅されてきたが、今どきの有名人同士の離婚報道はじつにあっさりしていて、ひょっとして離婚は急に簡単になった?なんて思ってしまう。相手をののしるでもなく、離婚原因が涙ながらに語られるでもなく、ドロ沼っぷりも伝わってこない。芸能マスコミもそれをヘタに掘り起こさないあたり、日本もようやく少しオトナの国になりつつあるってこと?あるいはそのくらい離婚が日常化してきたってこと?

実際、今の世の中“バツイチ”がいちばんモテる。妙に成熟して見え、なぜだかモノわかりが良さそうに見えるから。従って、離婚歴はもはや何のハンデにもならず、「戸籍が汚れる」なんて誰も言わない。特に女性は男の目に重たく見えないぶん得。男は希少価値である“大人の独身男”として珍重される。ところがたった1回の違いなのに、バツ2では意味がまるで違ってくるのだ。先だって、わずか2年で“きわめてあっさり”と離婚したカップルの夫のほうがバツ2であった。失礼ながら結婚の時からこれでまたダメだったらバツ3かぁと思った人は少なくなかったはずで、“バツイチ”と“バツ2以上”はそういう意味でもハッキリ一線を画すのだ。

ズバリ、2回以上にはやはり一般的な離婚理由とは異なる“特殊な原因”がある。だから2度あることは3度あるわけで、別にこの離婚について詮索する気はないが、そこにも、いろんな別の理由が囁かれる。2度あることがアッという間に3度になってしまうのは、“相手のせいにはぜったいぜったいできない”何らかの問題があると思うべき。いや、同じ失敗を2度繰り返した時点で人は一度ハッキリ立ち止まらないといけないのだ。バツ2男とは結婚しちゃあいけませんなんて言う権利はもちろんないが、どんなに愛していようが、女グセ、マザコン、キレやすい……など繰り返す原因はきっちり読み解いておかないと……。

仕事でもそう。1回めの失敗は許されても、同じ失敗を2度繰り返すといきなり×をつけられ“要注意人物”になる。3回繰り返すと“問題児”となり、信頼は二度と戻らない。1回と2回の差はとんでもなく大きいのだ。たった2度でも、それは自分の中に絶対直さなきゃいけないヤバイものがあるという証。逆に“2度ある失敗”は自分に対する大きな警告だと思って、そこにあるヤバイものを突き止める。最後のチャンスと思うべきなのだ。恋愛でも、同じようなフラれ方をした時、同じような男につきまとわれた時は立ち止まる。人間関係では、職場を変わっても同じように孤立する、嫉妬される、誰かしらとモメる。そして美容でも同じシチュエーションで肌アレが起きる、肌がくすむ……。“1度”と“2度”のあまりにも大きな違い、それに気づき、なぜなのかを突き止める。人生そのものを失敗にしないための約束である。

「2度の同じ失敗は人生レベルのあなたへの警告。そこにあるヤバイものを突き止めよ」

Edited by 齋藤 薫

公開日:2015.04.23

Serial Stories

連載・シリーズ