連載 齋藤薫の美容自身stage2

双子のエビちゃん あらためて、美人は得か?

公開日:2015.04.23

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

あのエビちゃんに、“双子の妹”がいることは、つとに有名。へえー、じゃあ“もうひとり”はどうしているの?みんなともかくそう思う。いや、その人が“看護師”をやっていたことも、それなりに有名なはずだ。私たち女は、それを知った時、いろんなことをさまざまに考えさせられる。今は“ブティック勤務”とも伝えられるが、少なくとも、エビちゃんが超人気モデルとしてブレイクしてからも看護師を続けていたのは確か。その時、その人は何を思っていたのだろうと。それは、二人が似ていても、まったく似ていなくても同じこと。双子として育った二人が、なぜそうも違う道を進んだのか?ちなみにこの“妹”さんのほうも、さすがはエビちゃんの、というほどカワイイそうである。

今の価値観からすれば、当然のことながら人気モデルの方が得、と思う。誰が考えたってきれいな服着てにっこりして、みんなにチヤホヤされる仕事の方が得と思う。100倍得であると……。しかし、エビちゃんの顔した看護師さんがいたら、それはとてつもないインパクト。恐ろしくカワイイのに、わざわざその美貌が必要のないような仕事に就くって、それはそれですごいこと。いやそれ以前に、若い女性が就ける仕事の中でも看護師ほど尊い仕事はたぶんなく、たっぷりの美貌をもちながら、また何よりエビちゃんの“双子の妹”なのに看護師、ということが、たとえようもないほど尊いこと。エビちゃんの顔で、かいがいしく患者の世話をする姿がどんなに美しいか、そこに若いうちから気付いておくと、その人の人生、間違いなくうまくいくはずなのだ。

さあ、ここからは一般論。美人は、損か得かと言ったら、もちろん得である。しかし、美人であることを100%生かす仕事に就いたら、またそれで成功したら、逆にその立場を維持するのは並大抵なことじゃない。今どき美しさに寿命などないが、それでも美しさやカワイさで手にした評価は、ちょっとでも気を抜けば、たちまち泡と消え去るからだ。美しさで得た地位は、ハッキリ言ってとてもモロい。多少とも輝きが失せれば、世の中、手のひらを返したようにそっぽを向くだろう。その時、美人はむしろ損だと思うのかもしれない。美しさに対する評価自体が“水モノ”で、永遠じゃないのだ。

しかし、美しさを本来必要としない仕事に就くと、“余分な美しさ”はそっくり揺るがぬ評価につながったりするもの。音楽家やスポーツ選手など、才能ある美人は、確実に得をする。司会者になったり、スポーツキャスターになったりと、本業以外で長く活躍ができたりする。しかしそこで調子にのって“女優”に転身しようなんて考えると、世間は許さない。その厳しさを思い知るだろう。美人はもちろん得、でも、美人を生業にしようとすると、損もする。美しさは両刃の剣。くれぐれもお取り扱い注意のこと。

「”美人はもちろん得。でも美人を生業にすると、損もする。美しさは両刃の剣”」

Edited by 齋藤 薫

公開日:2015.04.23

Serial Stories

連載・シリーズ