1. 女のイス取りゲーム あらためて、女子アナは得か?

斎藤薫の美容自身2

2015.04.23

女のイス取りゲーム あらためて、女子アナは得か?

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

女のイス取りゲーム あらためて、女子アナは得か?

一見とても幸せそうで、実のところ、とってもしんどいのが“女子アナ”である。おそらく、女の仕事としては最高峰。美貌と知性と、何らかのプラスアルファを備え、その上でものすごい倍率を勝ち抜かなければならない最高難易度の仕事。その日から“女優の卵”とでも何でも言ってしまえる女優より、はるかにはるかに選ばれた特A中の特Aランクの女性たちと言っていい。とりわけ、美しい声で“しゃべれること”は、女の格をもうワンランク上げるから、やっぱり“女子アナ”が女の一等賞であることは間違いないのだ。

しかしその割に苦悩が大きすぎ。“座れる席が限られている”からだ。一般企業と違って、どんな不況でも“新人”が増えていくのに、イスは増えない。毎シーズンがまるでイス取りゲームみたいなレギュラー取りは、ちょっと想像を絶する。しかも最近、待遇的にますます一般社会とズレてもきている。30歳でもう“お局化”して、引退を考えざるを得ない環境であること。それって、今どきありえない。あまりに早すぎる。

  • 1
  • 2