1. 女が突然、愛されはじめる時 キャリーはなぜ愛されなかったのか?

斎藤薫の美容自身2

2015.04.23

女が突然、愛されはじめる時 キャリーはなぜ愛されなかったのか?

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

女が突然、愛されはじめる時 キャリーはなぜ愛されなかったのか?

いわゆる“SATC”のストーリーで、いちばん身につまされるのは、キャリーに対するビッグの気持ち。つまり、結果としてフラれてもフラれても、一途に男を想いつづける女に対し、男の方も基本的には女を“愛している”のだけれど、結婚は申し込まない。自ら夢中になり、結婚までしてしまうのは、やっぱりモデルのようないい女や、若いお嬢様だったりしてしまう。だから、その女を“強く必要とする”のは、そういう本命がいない時、自分が淋しくなった時……。それがわかっていながら、女は男に必要とされれば、やっぱりそばにいてしまう。そういう女心をのぞいて、心の中では「キャリーのバカ」って思いながらも、気持ちが理解できてしまう。自分も同じ立場に置かれたら、そうしてしまうかもと思うから身につまされるのだ。

けれどそこで決して見落としてはいけないのが、女にとって“鬼門”みたいな男っているのだということ。彼にはギリギリのところで愛してもらえない。しかしそれをただ“相性が悪い”せいとか、“結ばれない運命”のせいにしてはいけない。やっぱり“高望み”なのだと自覚する。微妙に、相手の求めるランクとズレがあるのだと。“愛されない女”はこの世に一人もいない。でも“自分を愛してくれない男”はこの世に一定数いる。それが誰で、そうでないのは誰なのか、そこをわかっておくことが女の幸せへの近道だって、もう一度認識しておこう。頭ではわかっていても、気がつくとそういう鬼門男にハマっていることって少なくないから。

  • 1
  • 2