連載 齋藤薫の美容自身stage2

女が突然、愛されなくなる時 あの人たちの”破局”に見る真実

公開日:2015.04.23

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

さまざまな“破局報道”が、最近はいやにあっさりしたものになっている。別れることになった原因をしつこく探らないからである。昔は“性格の不一致”でも“嫁と姑の確執”でも何でもいいから、世間は理由をひとつに絞りこみたがった。それが“曖昧”なままでもすむようになるのは、アムロの離婚あたりからか。男と女はそもそもが複雑で、離婚もいろんな原因が複合的に重なった結果、といつの間にかみんなも思うようになり、浜崎あゆみの破局も広末涼子の離婚も、理由は曖昧なままになる。そして気がつけば、日本も離婚大国となり、離婚が少しも珍しいことじゃなくなると、友人知人の離婚原因も無理して追求しなくなる。「エー別れちゃったの?」「ま、いろいろあってね」「そうなんだ」オワリ……みたいに。

だいたいが、恋の始まりはみな一緒。でも終わる時はカップルの数だけ事情がある。一体何が起きて女が愛されなくなってしまったのかも。じつはいくつかの“破局”をのぞいて見えたことがある。男の方が生まれつき病的に女好きで浮気を繰り返すタイプだったり、単なる暴力夫だった場合は別にして、女に原因がある場合……。これはひとえに、女が“才能”を枯らしてしまった時で、あることが見えてきたのだ。

男が女を愛しはじめる時は理由がないが、一人の女を愛し続けるためには、それなりの理由が必要になる。生理的に好き、性的に好き……は男の方が長く続かないのだ。で、続ける理由となるのが各種の才能。と言っても、大それた才能を指すわけじゃない。料理がうまい、会話が面白い、人付き合いが上手、仕事ができることだって、才能。男は一見そう見えなくても、自分よりどこかひとつでも優れている女こそを密かに求めている。結局のところ、一目置かなきゃならない女を、愛し続けるのだ。

それは男が母親という女から生まれたから。男は女を心の奥底で尊敬したいのだ。だから芸術家の女は家事を何もしなくても愛され続ける。ところが毎日をただやり過ごしているだけの生活や、男の行動をただチェックするだけの妻の立場は、女をもはや才能が枯れてしまった女に見せる。そうなるともう、いくら尽くしても愛されない。この女あっぱれと思う部分がないと、男はいとも簡単にその女に対する関心を失うのだ。

男の場合は、相手への関心を失うことが愛情の終わりを意味している。女は“関心”じゃなく“信頼”がそのまま愛情になるが、男は大きな意味での“関心”がそのまま愛情になるのだ。だからこそ、女はいつまでも輝いてなきゃいけない。輝きとは、単にキレイを輝かすことじゃなく、才能の輝きを持つこと。女は、才能がないと男に愛されない。男よりスゴイというところを持たないと、愛されない。

「この女あっぱれと思う部分がないと、男はいとも簡単に女への関心を失う。愛情も失う」

Edited by 齋藤 薫

公開日:2015.04.23

Serial Stories

連載・シリーズ