1. 女が突然、愛されなくなる時 あの人たちの"破局"に見る真実

斎藤薫の美容自身2

2015.04.23

女が突然、愛されなくなる時 あの人たちの"破局"に見る真実

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。


男が女を愛しはじめる時は理由がないが、一人の女を愛し続けるためには、それなりの理由が必要になる。生理的に好き、性的に好き……は男の方が長く続かないのだ。で、続ける理由となるのが各種の才能。と言っても、大それた才能を指すわけじゃない。料理がうまい、会話が面白い、人付き合いが上手、仕事ができることだって、才能。男は一見そう見えなくても、自分よりどこかひとつでも優れている女こそを密かに求めている。結局のところ、一目置かなきゃならない女を、愛し続けるのだ。

それは男が母親という女から生まれたから。男は女を心の奥底で尊敬したいのだ。だから芸術家の女は家事を何もしなくても愛され続ける。ところが毎日をただやり過ごしているだけの生活や、男の行動をただチェックするだけの妻の立場は、女をもはや才能が枯れてしまった女に見せる。そうなるともう、いくら尽くしても愛されない。この女あっぱれと思う部分がないと、男はいとも簡単にその女に対する関心を失うのだ。

男の場合は、相手への関心を失うことが愛情の終わりを意味している。女は“関心”じゃなく“信頼”がそのまま愛情になるが、男は大きな意味での“関心”がそのまま愛情になるのだ。だからこそ、女はいつまでも輝いてなきゃいけない。輝きとは、単にキレイを輝かすことじゃなく、才能の輝きを持つこと。女は、才能がないと男に愛されない。男よりスゴイというところを持たないと、愛されない。

「この女あっぱれと思う部分がないと、男はいとも簡単に女への関心を失う。愛情も失う」

  • 1
  • 2