1. 小さな親切、大きなお世話♡「お背中流すわ♪」って、マジで結構です(29歳・主婦)

2016.04.29

小さな親切、大きなお世話♡「お背中流すわ♪」って、マジで結構です(29歳・主婦)

ネット調査に続々と集まった吹き出し必至の結果を大発表。気持ちはうれしいけど、どうぞおかまいなく…こんな「まさかっ!」な結末たちをお楽しみください。

小さな親切、大きなお世話♡「お背中流すわ♪」って、マジで結構です(29歳・主婦)

小さな親切、大きなお世話

★裸のつきあい
結婚の挨拶をしに、彼の実家を訪れたときのこと。夜、お風呂に入っていたら、ガラガラとドアが開く音が! 振り返るとなんと全裸のお母さんが立っているではないか。「お背中流すわ♪」って、マジで結構ですから。(29歳・主婦)

★おばあちゃんの愛情
先日、弟と祖母の家に泊まりに行きました。翌朝、せっせとおばあちゃんが針仕事をしていたので、その様子を見に行くと、弟が「わ――――――!」と絶叫。なんと祖母が縫っていたのは、彼の宝物であるデッドストックのデニム。ほつれたところがきっちりと縫い合わされ、大きな穴のところには当て布までされていました。ワナワナしながらも「あ、ありがとう(涙)」と言った弟よ、大人になったな。(28歳・接客業)

★ハリポタ似の彼
早朝出社している後輩男子は、毎日全員のデスクを拭いてくれる。でも、会社用の置きメガネもハァ~と息を吹きかけて磨いてくれていると聞いたときには、ちょっとゾクッとした。(34歳・営業)

★見えぬ重圧
会話をするときに、やたら大きなリアクションで一生懸命に相槌を打ち、よく笑ってくれる人。つくり笑い感がだだ漏れしていて、もっと心から笑ってもらえる面白い話をしなくちゃというプレッシャーになるからやめて~。(33歳・卸業)

本音と建て前


★ただ飲み御殿
後輩は「貧乏すぎて飲み会に行けない」「お金がないから会社のバーベキューは不参加」と金欠ネタが口癖のようだった。旦那さんがリストラに遭ったという噂もあったので、「参加費はいらないから一緒に飲もう」としょっちゅう誘っていた。しかし、豪邸を買ったと聞いて驚き、頭金にかなりの大金を入れたと聞いて、さらにビックリ。「たいして貯金もない自分たちが奢っていたなんて、お人好しすぎる話だ」と会社中がザワついた。(30歳・事務)

★金の亡者
長年付き合った私と別れて、お金に余裕のある年上の女性に走った彼。数ヵ月後、「愛はお金じゃ買えない。やっぱりお前が一番だ」と出戻ってきたけれど、私の親が亡くなり、遺産が入った時期っていうのがどうにも怪しい気がしてならない。(36歳・会社員)

★乙女心
「私の服、プチプラばかり」「ほとんどファストファッション」と同僚が言っていたので、ある日「そのニット、ユニク○?」と聞いた
ら、「そんなに安っぽく見えるってこと!?」とキレられました。面倒だ。(29歳・印刷)

文:金子優子 
構成:蜷川麻実