1. "不幸をはねつける美女"のつくり方 男のケータイを見るすすめ

斎藤薫の美容自身2

2015.04.23

"不幸をはねつける美女"のつくり方 男のケータイを見るすすめ

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

“百年に一度の不況”は、美の基準も少なからず変え、そのタイミングに合わせるように“新生・藤原紀香”が姿を現した。そう、これこれ、これなのだと思った人は少なくなかったはず。つまり、存分に美しいのだけれど、ちゃんとスネにキズをもち、でも不幸感を漂わせずに頑張っている……このバランスこそが、今この微妙な時代にいちばん眩しく見えるのだと。

確かに、プチバブルの時代のただ中では、すべてを手に入れた女のほうがやっぱり輝いて見えたけれども、今はもうハッキリと人々の意識が変わり、10%か20%の不幸感みたいなものを体のどこかに隠しもっていないと、逆に人として薄っぺらく見えたりする。しかしその不幸感をそのまま抱え込んでいてはいけない。それを手際よくはねのけていこうとする女がいちばん光を放つ時代なのだと思う。苦悩やあがきも含めて、不幸から抜け出そうとする女が光るのだ。竹内結子や広末涼子といったバツイチ組が今いちばんキラキラしているように。

  • 1
  • 2