1. "真央 vs. キム・ヨナ"的ライバルの是非 ライバルは必要か、不必要か

斎藤薫の美容自身2

2015.04.23

"真央 vs. キム・ヨナ"的ライバルの是非 ライバルは必要か、不必要か

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

突然だけれど、あなたには“ライバル”がいるだろうか?いない、と即答できた人は、いかにも清々しい日々を送っているはず。逆にライバルがすぐそばにいる人は、気持ちの休まるヒマがないはずだ。それこそ“宿命のライバル”がいる人なんて、時に見ているほうまで辛くなる。ことあるごとに胸が痛くなるのは、他でもない浅田真央vs.キム・ヨナというライバル対決。

でもキム・ヨナはインタビューに答えて、「真央がいたから強くなった」。それもまた揺るがぬ真理で、ライバルがいるといないとでは、成長の度合がまるで違う。辛い分だけ、悲壮な分だけ、人は伸びてしまうのだ。じゃあ、あくまでライバルの存在を見ないようにしていたとしたら、どうだろう。どちらが結果を残すのだろう。当然のこととして、自分の演技に没頭できるほうが強いに決まっているが、心の中でライバルの存在を追いだしきれないのなら、ライバルの存在を認め、ハッキリ勝ちたい、と思えたほうがやっぱり強い。ライバル競争とはそんなもの。逃げるより、戦ってしまったほうがいっそラクなのだ。

  • 1
  • 2