連載 齋藤薫の美容自身stage2

敵を作らぬ時代 “勝利する女”は一体誰か?

公開日:2015.04.23

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

ひと昔前までのTVドラマには、ヒロインの敵役が不可欠だったのに、今のドラマにはわかりやすい敵役が出てこない。敵もまた“いい人”だったりして、露骨な争いにはならないのだ。その変化は現実の人間社会をそっくり反映している。今、みんな争いごとが嫌い。できる限り人とぶつからずに生きていこうとする人が急増している。仕事場での人間関係はいたって円滑。何がどう変わったか?と言えば、今月の“薫組マーケティング”でも指摘したように、これは社会人としての女の進化。地方から都会に出てきたばかりの頃って雑踏で人によくぶつかるが、都会そのものに慣れてくるにつれ、すいすいと身をかわしてスムーズに歩けるようになる。同じように日本の女たちも、社会という人間の雑踏を人に触れずに前に進むのが上手になったのだろう。けれども同時に誰もキズつきたくない逃げの時代をも反映してる。自分を大切に守るために人と絶対ぶつからないよう必死で自分をコントロールする術を身に付けたというワケだ。

一方でそれは、“かけっこ”もみんなで手をつないでゴールし、就職試験でも出身校をあまり問わない“全員平等”時代の影響とも言われている。それがいいかどうかは別として、ともかく今、女社会はいたって平和になった。実際それが“女の見た目”にも少しずつ現れてきていて、たとえ見た目がケバくても攻撃的に見えない、意地悪に見えない、そしてたとえ見た目が地味でも、暗く陰湿に見えない。つまりは、人と争わない時代の女が見た目にもまろやかな美しさを増したのは間違いないのだ。

しかし、みんな本当に競争心がなくなったのか?それはハッキリ違うと思う。浅田真央も宮崎あおいも、そして絢香も、一見ふんわりしていて人と争うのは苦手に見えたりもするが、内に秘めたる闘志というのは並大抵のものじゃなく、たぶん相当に負けず嫌い。それをふんわり曖昧なしゃべり方ですっぽり覆っているだけ。他人とむやみに争ったりしないが、勝つことに対しては強烈な闘志を燃やしている。だからあんなに若くして成功できるのだ。若い成功者を侮っちゃいけない。じつは見えない負けん気の有無でもっと差がついてしまう時代……なのだから。

つまり一見みんな平等、誰も人を脅かさないのだと安心して、ただぼんやり生きていると、結果として何となく取り残されていく。自分だけをひたすら大切にしてキズつかないよう生きていると、ひとりくすみ、冴えない存在になっていく。そこに気をつけないと。他人とむやみに競わないで、きっちり勝つのも進化した女のセンスなのである。ライバルも敵も作らない時代だからこそ、一見みんな露骨に頑張らない時代だからこそ、せいぜいひとり負けしないように。女はそんなに甘くない。世の中そんなに甘くない。

「誰とも争わないけれど、みんな競争心を失ったのじゃない。女はそんなに甘くない。」

Edited by 齋藤 薫

公開日:2015.04.23

Serial Stories

連載・シリーズ