1. 敵を作らぬ時代 "勝利する女"は一体誰か?

斎藤薫の美容自身2

2015.04.23

敵を作らぬ時代 "勝利する女"は一体誰か?

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

敵を作らぬ時代

ひと昔前までのTVドラマには、ヒロインの敵役が不可欠だったのに、今のドラマにはわかりやすい敵役が出てこない。敵もまた“いい人”だったりして、露骨な争いにはならないのだ。その変化は現実の人間社会をそっくり反映している。今、みんな争いごとが嫌い。できる限り人とぶつからずに生きていこうとする人が急増している。仕事場での人間関係はいたって円滑。何がどう変わったか?と言えば、今月の“薫組マーケティング”でも指摘したように、これは社会人としての女の進化。地方から都会に出てきたばかりの頃って雑踏で人によくぶつかるが、都会そのものに慣れてくるにつれ、すいすいと身をかわしてスムーズに歩けるようになる。同じように日本の女たちも、社会という人間の雑踏を人に触れずに前に進むのが上手になったのだろう。けれども同時に誰もキズつきたくない逃げの時代をも反映してる。自分を大切に守るために人と絶対ぶつからないよう必死で自分をコントロールする術を身に付けたというワケだ。

一方でそれは、“かけっこ”もみんなで手をつないでゴールし、就職試験でも出身校をあまり問わない“全員平等”時代の影響とも言われている。それがいいかどうかは別として、ともかく今、女社会はいたって平和になった。実際それが“女の見た目”にも少しずつ現れてきていて、たとえ見た目がケバくても攻撃的に見えない、意地悪に見えない、そしてたとえ見た目が地味でも、暗く陰湿に見えない。つまりは、人と争わない時代の女が見た目にもまろやかな美しさを増したのは間違いないのだ。

  • 1
  • 2