1. "婚活時代"のキレイの用途 そういう場面ほど男は遺伝子に従う?

斎藤薫の美容自身2

2015.04.23

"婚活時代"のキレイの用途 そういう場面ほど男は遺伝子に従う?

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

その昔、“お見合い”なのに相手の姿を見られず、顔も知らない男と結婚を決めた時代があったなど、もうどうしたって信じがたいが、それも男が女を選び“めとる”という関係式があったから。そして今、男と女の力関係は一見逆転したかにも見えるが、長年の慣習がつくったDNAは、今も何となく残っていて、男はやっぱり選ぶ性。女はやっぱり選ばれる性という大昔のスタンスをどっかで引っ張っている。

ひとつの名残は、連日ビーチバレーの勝敗がニュースになること。失礼ながら、メジャーではないスポーツにこれだけスポットが当たるのは、言うまでもなく“浅尾美和”見たさ。男はあの“健康美”を見るとホッと安心できるのだ。それはひとえに子孫繁栄を考える遺伝子のなせる業らしい。そういう意味での引力は、何も水着を着てバレーをしていなくても、生命感をキラめかせばそれでOK。女のメイクで男がいちばん好きなのが“グロスのツヤ”なのも、”濡れた唇”の性的魅力のみならず、キラキラした唇はそのまま生命力の輝きだから。疲れてない女の目印みたいなものだから。男が女に求めているものは、つまりとても単純 。女が男に求めるものよりも、はるかに……。未だ“若さ”にこだわる男は、そういう遺伝子を色濃く残していると言っていいのである。で、今の“婚活”では、そういう古いDNAをモロに出してくる男がむしろ増えているのだ。

  • 1
  • 2