1. 令嬢はなぜ美人に見えるのか パリス・ヒルトンが結果、許される理由

斎藤薫の美容自身2

2015.04.23

令嬢はなぜ美人に見えるのか パリス・ヒルトンが結果、許される理由

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

令嬢はなぜ美人に見えるのか パリス・ヒルトンが結果、許される理由

美貌の量は、目に見えている美貌だけでは測れない。形のない、目に見えないいくつかの要素が加算されて、美貌の点数を作っているからである。たとえば「彼女はピアニストの卵らしいよ」という注釈がつくと、何となくだがプラス20点。「彼女は下からずっと“白百合”らしい」と聞くとプラス10点。不思議だけれど“京都出身”というだけで8点くらいはプラスになる。男の背景は、東大出50点加算、みたいに単なるブランド志向にすぎないが、女のバックボーンは、もっと深い意味をもつ。その女性を作ってきた環境それ自体が“気配の美しさ”になるからだ。

大切に育てられたかどうか、美しいものばかり見て育ったかどうか、上質のものばかりに囲まれて育ったかどうか、何かに毒されていないかどうか、そこが形なき美貌として加算され、ひとりの女性を作りあげているのである。どんな空気を吸って、大きくなってきたか、その“作られ方”が女には一生ついてまわるのだ。言ってはナンだけれど、パリス・ヒルトンがもしも“ヒルトン一族”の出でなかったら、こんなに長く世の中を騒がせてないし、そもそもああいうお行儀を、世間は許していない。やっぱり蝶よ花よとお金をかけて育てられたことで60点ほど加算されていて、だから世間はこの人に甘いのだ。

  • 1
  • 2