1. なぜ、危険に飛び込むのは"美人記者"なのか? 今苦労を知りたくなる女が美しい

斎藤薫の美容自身2

2015.04.23

なぜ、危険に飛び込むのは"美人記者"なのか? 今苦労を知りたくなる女が美しい

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

なぜ、危険に飛び込むのは

ついに女性タレントにも聞くも涙の“貧乏育ち”を売りにする新手のアイドルが現れたが、言うまでもなくこれは芸能人だから功を奏するわけで、一般社会では応用がきかない。“苦労話”というのは、本来が何かを成し遂げた人が、人に聞かれて初めて、じつはこんな苦労を経てきたのですと打ち明けるべき種類のもの。最初から、苦労を売りにしたら、逆に人の心はつかめない。まさしく“秘すれば花なり”なのである。昔から、女の子は一般的に“苦労”を知らない方がいいとされてきた。その方が素直で無垢で人を疑わないから“愛される女”ができあがると。でも今、あらためてこう定義し直したい。苦労を知らずに育っても、大人になってからわざわざ苦労を知りたくなる女性が美しいって。

最近とても気になるのが、世界一危険なゾーンや世界一貧しい国にわざわざ出かけていく美女たち。フジの“とくダネ!”でMCを務める女子アナは、なぜかアフリカの貧困を取材するのが恒例となった。ここのMCは、局アナの中でも花形。女も何かしらの頂点を究めたら、真逆の人生を見ておかなきゃいけないと思うのか。さらに、最近の国際的なニュースを騒がせているのは、“美貌の女性記者”ばかり。すでに解放されたが、イラン政府に拘束され、スパイ罪で8年の禁固刑を求められたのは、ミスアメリカ候補にも選ばれたことがあるアメリカ人記者。日系人を母親にもつエキゾチックな美人だが、大学でジャーナリズムを学び、ケンブリッジでは国際関係の修士号を得ている見事な才色兼備。迫力が増した。

  • 1
  • 2