1. ひとりひとりの適齢期 今なぜ、"晩婚年齢"に花嫁姿が似合うのか

斎藤薫の美容自身2

2015.04.23

ひとりひとりの適齢期 今なぜ、"晩婚年齢"に花嫁姿が似合うのか

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

ひとりひとりの適齢期 今なぜ、

最近は、“晩婚”という言葉があまり使われなくなってきた。ほんの数年前まで40代の結婚は紛れもなく“晩婚”だったが、今はもう誰もそう言わない。まさに年々、晩婚は晩婚でなくなってきているのだ。それも、真矢みきの結婚があまりにも美しかったり、夏木マリがきわめてオシャレな“フランス婚”をやってのけたり、“晩婚”などという表現が似つかわしくない大人結婚が相次いだからなのだろう。むしろ遅い方がカッコイイ、遅いほど女が輝いて見える、よって憧れの対象となった大人の結婚へのリスペクトなのだろう。

でももうひとつ、晩婚を晩婚と呼べない決定的な理由は、40代後半でも50代でも花嫁姿になってしまう、そして似合ってしまう花嫁が増えたから。昔は少しでも遅くなると当然のように結婚式をやらなかった。花嫁姿がイタイからと。つまり、せめてウェディングドレスが似合ううちにという発想が結婚を急がせたのだ。ところが今は、気がつけば何歳になろうと花嫁姿になってしまう大人が増え、結果、晩婚は晩婚ではなくなったのだ。

  • 1
  • 2