連載 齋藤薫の美容自身stage2

新・カップル論 なぜ、激しい年の差カップルが増えるのか?

公開日:2015.04.23

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

女のほうが年上のカップルは増える一方で、これはもう時代の趨勢と言うしかないが、だからちょっと意外なのは、“男のほうがかなり年上カップル”も一方で増えていること。沢尻エリカしかり篠原涼子しかり、ダブルスコアにも達する激しい年の差カップルが。昔はこういう組み合わせがとても多かった。若い女との結婚は男の夢で「こんなに若い奥さんもらっちゃってさ」とやっかみ半分からかわれて喜ぶのも男の夢。しかし最近は、昔よりもっと女性主導になってきた上に、女が賢く計算高くなってきたから、こういう結婚って、夫が早々と年をとって、将来を見据えると女はなんだか最終的に損じゃない?と思ったりする。第一、女も今や男に美しさと若さを求める時代。若い女にとって中年男はもう本当にただのオヤジで、生理的にもありえないものになってきていたのに、一体なぜ?

まず今どきの年の差カップルは、男が才能に満ち溢れていて魅力的でなければ絶対に成立しない。同時に女が精神的にとても大人だったり、ひどくマセていたりしないとまた成立しない。「今の若い男は堪え難いほど薄っぺらい」と嘆く若い女が増えてきたからこそ成立する話なのだ。従ってそこで交わされているのは、とても濃密な会話のはずで、それが今あらためて結婚の重い意味を教えてくれるのだ。昔の“年の差結婚”は単純に考えて、もともと深い会話を必要としていない結婚だったのだと思う。女は若ければ若いほうがよく、男は経済力があるほどに価値がある、そういう両者の利害が一致した関係だったから。しかしそういう組み合わせが空疎な暮らしを生んでいた可能性は否めず、結婚って、それでよかったのだっけ?という壮大なギモンにとらわれてきた男女は多かったはずなのだ。

ここで結婚ってそもそも何か?というそもそも論を展開するならば、結婚とはたぶん“食事と会話”なのだと思う。たとえば休みの日、ずっと家にいたら、朝食が終わるとすぐに昼食になり、昼食が終わるとまたすぐ夕食になり、と一日中ごはんばっかり食べているという現実に気づかされるはずだ。そこでもし、1時間かけて作ったごはんがロクな会話もなしに15分くらいでアッという間に終わってしまったとしたら、確かに結婚生活とはなんと虚しいものか、人生とはなんと退屈なものかと思うのだろう。だから、食事をできる限り長引かせる濃厚な会話がすべてのカギなのだ。お昼から3時間かけて食べると人生はたちまち充実する。

その3時間の会話を可能にするのが、精神的成熟と経験。ともかく日がな一日、何でもないテーマで話をし続けられること。それこそ“のりピー問題”一本の話題で、3時間会話を続けられる社会性と見識をもつべきなのだ。最近の年の差カップルは、そういう真実を突きつけてくれたのである。

「男と女は、昼食ですら1回3時間たっぷりかけて食べられる関係でないといけない」

Edited by 齋藤 薫

公開日:2015.04.23

Serial Stories

連載・シリーズ