連載 齋藤薫の美容自身stage2

太ってしまう女 “太ってしまった女”は、周囲を困らせるからマズイのだ

公開日:2015.04.23

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

「そう言えば、あの人、最近あんまり見かけないね」と、久しぶりに存在が思い出される女性タレントや女優は、だいたいが太ってしまったか、ひどくヤセてしまったか、どちらか。ともかく、風貌が大きく変わってしまった場合、女はひとまず衆目を避けようと思うのだろう。従って、失礼ながら“太ったこと”を自ら認めつつ、TVに出つづけたオセロの中島知子さんのケースは本当に希。そもそもこの人は、“女芸人”では異例の美人系、ミスコン経歴もあり、太ったことをただただ笑いとばしてしまえないキャラ。これが女優なら、本当にレギュラー降板までいくのだろうが、一応“お笑い”だから露出を避けられず、何だかビミョーなことになった。

ここであらためて思うのは、“太ってしまった女”には、何をどう言っていいのか、むしろ周囲が困ってしまうから、何となく人を遠ざけること。もともと太ってる人をからかう方がまだラクで、太ってしまった人の扱いは厄介だから皆引いていく。気付かないふりをするのもどうかと思うから、「あれ、やけ食いでもしたの?」と言ってみたりして。何が原因か明快な方が、周囲は安心できるのだ。その問題が解決すれば、きっとまたヤセるんだよねという前提で、からかえるから。これが何となく太ってしまう“中年太り”だと、なかなか元には戻らないと思うから、周囲も暗澹としがち。

だから女は太ってしまった時、最低でも“原因”は明快にしておくべきなのだ。“原因”がある限り、イメージは固まらない。復活を予感させることができるから。体質的かつ年齢的な宿命と捉えられると、太ったイメージはそこでもうほぼ揺るぎないものになり、よけい人を遠ざける。

でももっと大切なのは、仮に太ってしまっても “髪型やファッション”を変えないこと。少なくともオシャレに消極的にならないこと。中島さんが残念なのは、髪を切り、服もスモックみたいなものを着て、オシャレを休んでいる印象があったこと。

たぶん、ヤセている頃と同じでは“似合わない”“もたない”という不安があったのだろうが、その配慮が太ったことを強調。すっかり諦めてしまっている人に見えた。それがまた、元に戻りそうもない印象を与え、周囲を悩ませ、遠ざけたのだ。少しばかり太ったって、遠慮することはない。逆にもっと攻めのオシャレをするべきだ。

ヤセることを少しも諦めていないというアピールになるから。いや、中島さんはもうヤセはじめているから、問題はない。でも、そうやってオシャレをやめてスモックを着ると、実際に元に戻るエネルギーも極端に低下して、本当に元に戻れない可能性が高くなることを覚えておく。いずれにしても女にとって問題なのは“太っていること”じゃなく“太ってしまった時の対処”なのだ。その時どうするか、人生のうち、何度かは必ず訪れるその時、女は運命を分けるのである。

「”太ってしまった女”はぜったいオシャレをやめてはいけない。太った女のイメージを固めないため!」

Edited by 齋藤 薫

公開日:2015.04.23

Serial Stories

連載・シリーズ