1. 太ってしまう女 "太ってしまった女"は、周囲を困らせるからマズイのだ

斎藤薫の美容自身2

2015.04.23

太ってしまう女 "太ってしまった女"は、周囲を困らせるからマズイのだ

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

太ってしまう女

「そう言えば、あの人、最近あんまり見かけないね」と、久しぶりに存在が思い出される女性タレントや女優は、だいたいが太ってしまったか、ひどくヤセてしまったか、どちらか。ともかく、風貌が大きく変わってしまった場合、女はひとまず衆目を避けようと思うのだろう。従って、失礼ながら“太ったこと”を自ら認めつつ、TVに出つづけたオセロの中島知子さんのケースは本当に希。そもそもこの人は、“女芸人”では異例の美人系、ミスコン経歴もあり、太ったことをただただ笑いとばしてしまえないキャラ。これが女優なら、本当にレギュラー降板までいくのだろうが、一応“お笑い”だから露出を避けられず、何だかビミョーなことになった。

ここであらためて思うのは、“太ってしまった女”には、何をどう言っていいのか、むしろ周囲が困ってしまうから、何となく人を遠ざけること。もともと太ってる人をからかう方がまだラクで、太ってしまった人の扱いは厄介だから皆引いていく。気付かないふりをするのもどうかと思うから、「あれ、やけ食いでもしたの?」と言ってみたりして。何が原因か明快な方が、周囲は安心できるのだ。その問題が解決すれば、きっとまたヤセるんだよねという前提で、からかえるから。これが何となく太ってしまう“中年太り”だと、なかなか元には戻らないと思うから、周囲も暗澹としがち。

だから女は太ってしまった時、最低でも“原因”は明快にしておくべきなのだ。“原因”がある限り、イメージは固まらない。復活を予感させることができるから。体質的かつ年齢的な宿命と捉えられると、太ったイメージはそこでもうほぼ揺るぎないものになり、よけい人を遠ざける。

  • 1
  • 2