連載 齋藤薫の美容自身stage2

ヤセてしまう女 女はヤセると、なぜ損をするのか?

公開日:2015.04.23

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

“女がヤセる”のには、2つの種類がある。言うまでもなく、美しくヤセるのと、あんまり美しくなくヤセてしまうのと……。ところが女は、どちらの場合も喜んでしまう。体重が減れば、どんなヤセ方でも。「ヤセたねー」と言われれば、「そう?そう思う?」と嬉しがるのが女なのだ。逆を言えば、女はみんな“ヤセること”には細心の注意を払わなければならない。果たしてそれは美しいのか、美しくヤセることができたのか?と。それだけではない。“ヤセること”はもうひとつ意外なリスクをともなう。多くの場合、“前の方がよかったね”と残念がられてしまうことである。

特に、明らかに太っていた人が明らかにヤセた時、当然のことながら美しくなっているはずなのに、なぜだか“前の方がよかったのにね”と言われてしまう。いわゆる嫉妬ではない。自分との関係は、彼女がふくよかだった時の方が良好だったのに残念、という身勝手な反応なのである。たとえば柳原可奈子のような“ふくよかカワイイ系”が、もしキレイにヤセてしまったら、おそらく突然近寄りがたくなるのだろう。けっこうな“美人系”にもなるのだろうが、それ以前に、ヤセると単純に親しみというものを減らす。人間性に関係なく、肉感は理屈抜きに人を惹きつけるのである。

だからよっぽど上手にヤセないと、ヤセるだけで女は好感度を減らす。意外に損な部分があるのだ。ちなみに本来ヤセてた人が一度太って元に戻る場合にはイメージの損失は不思議にない。それは、太った人がいきなりヤセた時に起きる現象。そして一方、普通にヤセている人がもっとヤセてしまった時、必ず“ヤセてしまった理由”をあれこれと詮索される。“激ヤセの理由”が週刊誌ネタに多いのはご存知の通り。それは、基本的にみんなヤセたくてもヤセないのに、心の原因もなしにヤセるわけないじゃん、という理屈。何らかの負の心情が原因に決まっているから、たとえキレイになっていても、どこか痛々しい印象をともなってしまう。つまり、どっちにしろ“ヤセること”にはイメージ上のリスクがともなうのである。

じゃあ、どうしたらいいの?女はヤセちゃいけないの?そうではないのだ。女は少しずつ、何となく、ヤセなければならないのだ。いきなりごそっと5キロ分以上の肉を一度に減らしてはいけない。肉の大きな塊が減ると、どうしても人間、生命をけずった印象がにじみ出てしまう。それが哀しさをともなってしまうからである。「あら?ちょっとヤセたあ?」そう聞かれた時、女はだいたい誉められたと考えていい。「どうしちゃったの?ヤセちゃって」とか、「何かあったの?ヤセちゃって」というのは、キレイじゃなくなったわという意味合い。「ちょっとヤセた?」と聞かれるのは、キレイになったという意味合い。だから、ヤセるなら少しだけ。“ヤセた?”と聞かれる程度を繰り返す以外にないのである。

「ヤセるなら、少しずつ。「ちょっとヤセた?」と聞かれる程度。5キロ分以上の肉を一度に減らすと哀しみがもれ出すから」

Edited by 齋藤 薫

公開日:2015.04.23

Serial Stories

連載・シリーズ