連載 齋藤薫の美容自身stage2

逆境時代の男の選び方―2 負けず嫌いな男を選べ

公開日:2015.04.23

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

仕事がデキる人って、要するに“負けず嫌い”なのだ、という言い方がある。別に、“ライバル意識をむき出しにすること”だけが負けず嫌いなのじゃない。単純に「できません」と言いたくない「できませんでした」と言いたくない、仕事に負けるのがイヤだからガンバってしまう人を、すなわち“仕事がデキる人”というのである。あのイチローがすごいのは“天才だから”、と片付けてしまいがちだが、今年も何やらすごい記録を塗り替えたあと「吐きそうなほど辛かった」とコメントしていて驚いた。3月のWBCのあとも胃を壊して休養したというが、“天才”というよりは、むしろ“負けず嫌い”だったのだと知った。彼にはたぶん、ライバルって基本的にひとりもいないはずだから、それこそ「記録を達成できませんでした」と言いたくない、その一心だったのだと思われる。

イチローの妻は、元局アナ。結婚した時は「わー、すんごい玉の輿で羨ましい!」と思ったものだが、今年イチローが殊勝にも“相方と一緒に取った記録”などとコメントしていて、あらためてその“相方”妻を羨ましく思った。負けそうになるたび、吐きそうになる夫を支えるのは、そりゃ大変だろうけれど、世界一“負けず嫌い”な夫を持った妻は、そうやって妻として労ってもらえる。“負けず嫌い”の男を支えたご褒美って、とんでもなく大きいのだ。そしてきっと勝つたび夫婦の絆が強くなる。そういう見えない法則があるのだ。

いわゆる社内結婚をした夫婦がけっこう長続きすると言われるのも、じつは両方が“負けず嫌い”であるケースが多いからじゃないかと考えてみた。当然お互いの仕事ぶりを見たうえで相手を判断する。その時、負けてもデキなくてもへっちゃらでいる男を、わざわざ掴まえようとは思わないはずで、結果的に“負けず嫌いな男”を選んでる。いやその前に、そういう選択をする女は、自分自身もちゃんと負けず嫌い。だから、その意義も価値もわかるのだ。男と女は、最低でもそういうところの価値観が合っていないとうまくはいかない。趣味の合う合わないより、大切なのはむしろそっち。若いうちほど負けず嫌いのレベルが大きくズレているカップルは、たぶん続かない。

だって、それぞれの考える“納得”や幸せの意味が合致しないのだから。できなくてもいい人生なのか、できないとイヤな人生なのか、そこだけはハッキリさせておきたい。できないとイヤな女は、何としても負けず嫌いな男を選んでおくこと。でないと今の時代、年を追うほどにちっちゃく人生を生きることになりかねない。そしていつもイライラしていることになりかねない。いや、もっと言うなら、今どきの女は全員負けず嫌い。本人が気づいていなくても……。だから男選びもそこがキモ。夫婦で同じ目標を達成すること、それはやっぱり結婚における幸せのキモなのだから。

「今どきの女は、自覚がなくても全員負けず嫌い。ならば負けず嫌いな男を選ばないと、人生まとまらない」

Edited by 齋藤 薫

公開日:2015.04.23

Serial Stories

連載・シリーズ