1. 逆境時代の男の選び方―2 負けず嫌いな男を選べ

斎藤薫の美容自身2

2015.04.23

逆境時代の男の選び方―2 負けず嫌いな男を選べ

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

逆境時代の男の選び方―2 負けず嫌いな男を選べ

仕事がデキる人って、要するに“負けず嫌い”なのだ、という言い方がある。別に、“ライバル意識をむき出しにすること”だけが負けず嫌いなのじゃない。単純に「できません」と言いたくない「できませんでした」と言いたくない、仕事に負けるのがイヤだからガンバってしまう人を、すなわち“仕事がデキる人”というのである。あのイチローがすごいのは“天才だから”、と片付けてしまいがちだが、今年も何やらすごい記録を塗り替えたあと「吐きそうなほど辛かった」とコメントしていて驚いた。3月のWBCのあとも胃を壊して休養したというが、“天才”というよりは、むしろ“負けず嫌い”だったのだと知った。彼にはたぶん、ライバルって基本的にひとりもいないはずだから、それこそ「記録を達成できませんでした」と言いたくない、その一心だったのだと思われる。

イチローの妻は、元局アナ。結婚した時は「わー、すんごい玉の輿で羨ましい!」と思ったものだが、今年イチローが殊勝にも“相方と一緒に取った記録”などとコメントしていて、あらためてその“相方”妻を羨ましく思った。負けそうになるたび、吐きそうになる夫を支えるのは、そりゃ大変だろうけれど、世界一“負けず嫌い”な夫を持った妻は、そうやって妻として労ってもらえる。“負けず嫌い”の男を支えたご褒美って、とんでもなく大きいのだ。そしてきっと勝つたび夫婦の絆が強くなる。そういう見えない法則があるのだ。

  • 1
  • 2