1. 幸せになる顔、ならない顔 幸薄そうな美人の見分け方

斎藤薫の美容自身2

2015.04.23

幸せになる顔、ならない顔 幸薄そうな美人の見分け方

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

幸せになる顔、ならない顔 幸薄そうな美人の見分け方

誰が見てもハッと息をのむような美人がいた。なのに、男たちのこんなカゲ口が聞こえてきた。「彼女、いかにも幸薄そうだもんなあ」幸薄そう?女の会話には、あまり出てこない形容詞。何をもって“幸薄い”というのか、その基準は私たち女にはわからない。女はとても単純に、“美人=幸せ”という方程式を誰にでも当てはめてしまいがち。しかし彼らいわく、美人でないと“幸薄そうな気配”も生まれないらしい。

たとえばダイアナ元妃とラニア王妃の顔を思い出してほしい。ラニア王妃は、言ってみれば美貌そのものが盤石で揺るがない感じがあるが、ダイアナ元妃は美しいのだけれど、その美貌がゆらゆらしてた。わかりやすく言うなら、ラニア妃はどの写真を見ても同じ顔をしてるのに、ダイアナ妃はシーンによって顔が変わる。何度見ても顔の構造がよくつかめない。揺れ動く。「会うたびに印象が違うね」と言われる人は要注意。人生よりも顔の方が弱いと、急にキレイになったり生気を失ったり、顔も人生に翻弄されるのである。

  • 1
  • 2